« 売れるホームページ「パターン」の秘密 | トップページ | 実践報告2 最強のセールスレターチェック方法? »

雑誌の取材で・・・

雑誌の取材で、女流作家の にらさわあきこ さんにお会いしました。

にらさわさんは、NHKのディレクターから作家に転身された方で、
6冊の本を出版しています。

かなりおもしろい方なのですが、考え方もかなりおもしろかったです。

ディレクターを辞めて、最初に雑誌のライターになったときも
文章の勉強はしなかったそうです。

というのもライターさんは世の中にたくさんいて、
今から勉強を始めても、ただの見習いライターでしかない。

そうであるならば、テレビのやり方をマスターしているプロとして、雑誌の世界に新しいものを持ち込むという方が価値がある、と考えたそうです。

しかも、ディレクターをやっているときから、
そんなことを考えて、しっかりテレビの今を把握するように
していたというのは、さすがです。

また、作家やライターといっても、やりたいことだけを
出来るわけじゃない、というのもおっしゃっていました。

けれど、始めは、自分はこんなことができるとか、こんなことがやりたいとかそればかり、言っていたそうです。

それが、だんだんと考え方が変わって
今は、求められる中で私を出せる存在でありたい、
と思うようになり、そう思うようになってから、良い仕事もできるように
なったということです。

深いですね。

最後におっしゃられていた、言葉も印象的でした。にらさわさんは恋愛ものを良く書くのですが、

「人生は失敗の方が多いのに、なぜ人は恋愛となると、自分には失敗など訪れないかのような思いを抱いてしまうのか。

そして、失恋をすると、あり得ないことが起きたような反応をするのだろうか。
確かに失恋には深い痛みともなう。

けれど、それを恐れて止まるよりも、失敗することもあるということを知った上で、前に進む方が何かはある。

その何かが自分を成長させ、結局は幸せになれるのではないか」


というような話でした。

どう思いますか?

|

« 売れるホームページ「パターン」の秘密 | トップページ | 実践報告2 最強のセールスレターチェック方法? »

コメント

伊勢隆一郎さま
はじめまして。丹学(たんまなぶ)と申します。
THHPのユーザーです。
大変お世話になっております。

にらさわさんの言葉を聞いて、
正直、どきっとしました。

なぜなら、
結婚はできたけど、
副業などをしたいと強く思いながらも
全く具体的な行動に移すことができなかった
自分のことを
グサッと指摘しているように感じたからです。

結婚にこぎつけるまでの自分は、
恋愛に貪欲でした。

そのころの私は、性欲という名の
大きなエネルギーをフル活用し、
いろいろな女性に対し、失敗・恥を恐れず
思いっきりチャレンジしていました。
そして、妻と出会うことができた。

しかし、つい最近までの私は、
平穏な生活に嫌気が差し、副業でもして
将来は起業をと考えているにもかかわらず、
具体的なアクションを起こせていなかった。
まさに、
『失敗の痛みを恐れて止まる』の状態。


私が感じた、
この二つのチャレンジの違いは、
『モチベーションの違い』だと思います。

恋愛の方は、
モチベーションが高まる要因として
『性欲』つまり、本能的な強い衝動がもとになっています。
モチベーションが高まりやすく、
多少の障害などはなんのその。

それに対して
起業や副業についての方は、
本能的・自然的な衝動は起こりにくく、
意識的に
その人に合ったモチベーションを上げる方法が
必要になります。
そして、多くの人はその方法を知りません。
重要とも思っていない。

だから、多くの人は
『金がもっとあればな~』と思いつつも、
自分に合ったそれを知らないため、
『時間が無い』『副業は会社で禁止されている』etc
と言い訳をして
自分の内部からの声、
自分を成長させようとする心の声、求めを
聞かないようにしてしまうのです。


私は、つい3ヶ月前ほど
難病の疑いとの診断をされ、
強制的に『死』について考えさせられました。

そのことがあったから、
いまは人生を思いっきり生きるため、
情報商材を売るということから
自分の魂の求めているものを得るための
行動を起こしています。

多分、このことが無かったら、
にらさわさんの言葉に対して
こんなに感じ取れるものは無かったと思います。


恋愛と成功には
共通点があるとのことは以前から本などで知っていましたが、
今回伊勢さまから
『恋愛の時はなぜ、失敗を恐れないのか?』(私の解釈です)
との内容のお話を読ませていただいて、
貴重な気づきを得ることができました。
ありがとうございました。

恋愛のためには失敗を恐れず
ガンガン行動を起こしていた頃の自分を思い出し、
それを励みにして、
失敗を恐れずに稼ぎます!

ここまで読んでくださいまして
本当にありがとうございました。

投稿: 丹 学 | 2006年8月20日 (日) 23時39分

丹さん、伊勢です。
丹さんは、普通の人と違うのかもしれませんね(笑)。

なぜなら、私は、ビジネスより、恋愛の方が失敗を恐れます。だから丹さんのようにナンパしまくったりとかできません(笑)。

失敗しても何も変わらないし、女性は待っているかもしれないのに、「断られたら傷つく【かもしれない】という恐怖にやられて行動できないんです。

でも、この恐怖は、「かもしれない」という想像の世界のことで、実際は失敗してみないと、どういう気持ちになるかは、分からないんですよね。

丹さんが、書かれていたように、ビジネスを始められない理由の一つは、緊急性や切迫感がないということにあると思います。

しかし、もう一つの理由があるような気がします。

それは、本当の本当の潜在意識では、面倒くさいのではなくて、「失敗して傷つく」ことを無意識で恐れているのかもしれません。

「今の日常が変わってしまう」ことを、無意識で恐れているのかもしれません。

私は、本当の深い部分ではそういう拒否反応を自分は無意識で持っていると思っています。

それくらい人間は、傷つくのを本能的に恐れる生き物
なのかもしれません。

でも、丹さんは、恋愛でその壁を越えた経験があるのならきっと、大丈夫ですね。

結果というのは、素晴らしいもので、悪い結果でも良い結果でも、形として見えた瞬間に、急に頭が動き出して、自分を成長させるきっかけになってくれるような気がします。

例えば、100mのタイムを計る前に体調のこととか、フォームのこととか色々考えていても、考えがまとまらないというか、正直、良くわかんないですよね。

でも、100m走ってタイムを計ってみると、そこで始めて「何がよかったのか、悪かったのか?」を考え出すのと一緒だと思うんですよね。


私は、この結果に自分をさらしながら、考え、試行錯誤して、自分がちょっとずつ成長している感覚というのが、すごく好きです。

人間ならではの、活動な気がして好きです。

実はこの辺の話は、TwoHoursHomepageを作った目的にもつながっているのですが、その辺はまた、今度メッセージとしてメールで出します。

それでは、丹さん、ありがとうございました。
お休みなさい。

投稿: 伊勢 | 2006年8月21日 (月) 03時22分

伊勢さま、丹です。
レスありがとうございます。
こんなに丁寧に返事をくださるとは
思ってもいませんでした。


本当に伊勢さんのおっしゃるとおりだと思います。

失敗して傷つくことや
今の日常が変わってしまうことを、
無意識に恐れている。

私も、ずっと恐れていたのでしょう。
でも、ビジネスの行動を始めた今も、
意識の上ではあまり認識していないようです。
感じないようにしているのかもしれません。

でも、伊勢さんの答えのおかげで
『恐れ』を認識するきっかけを
得ることができました。

ありがとうございました。
このような形で
やり取りできたことを
とても感謝しています。


では、お身体を大事に、
ますますの活躍を願っております。

たん まなぶ

投稿: 丹 学 | 2006年8月21日 (月) 12時31分

こんにちは
随分と派手なブログですね!?
更新楽しみにしております

ではまた

投稿: 群馬のトラ | 2006年8月21日 (月) 16時14分

プレゼント是非にも見てみたい 
そしてまたほかの人にプレゼントしたい
:まずは自分探しの時間をキチンと決める
テレビを見る時間を割いても
そしてまず自分がやりたいこと
やりたくないことを明確にする

投稿: kubotaよし | 2006年10月28日 (土) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 売れるホームページ「パターン」の秘密 | トップページ | 実践報告2 最強のセールスレターチェック方法? »