« 実践報告2 最強のセールスレターチェック方法? | トップページ | 実践報告3 キャッチコピーの決め方 »

読む気がしないのウソ

今日は、あるクライアントさんと話をしていて
思ったことを、お伝えします。

良くある事例として、最初はまあまあだったのに
どんどん改悪を重ねて、酷いホームページになってしまう
というのがあります。

この理由が分かりました。

マーケティングの勉強をしている人は、最初は文章で勝負しています。
文章メインのページを作るんですね。

これは、正しいことです。

でも、ちょっと売れないと、
自信がなくなって、マーケティングの知識もない人に相談します。

実は・・・、この【他人に相談をする】という行為こそ、
売れないページを作ってしまうターニングポイントなのです。

相談すると、98%の確率で文章の多いホームページは、
「字が多くて読む気がしない・・・」と言われます。

あなたも、気を付けてください・・・。

「字が多くて読む気がしない」というのは、絶対にウソです。

読む気がしないのは、「字が多いから」ではありません。

・文章が悪くて興味を持てないか?
・読んだ人がターゲットでないため、最初から読む気がないか?

の2つに1つしかないのです。

しかし、ホームページのアドバイスを求められると
直感で、とりあえず、字が多くて読む気がしない・・・と
答える人が多い・・・。

これが悪魔の囁きになります。

人間、弱いものです。

「字ばっかりでデザインが悪いんじゃないの?もっとスッキリさせて、
キレイに作った方が良いよ」と言われると、「そうかも・・・」
と思ってしまうのです。

なぜなら、自分が書いた文章が悪いとは思いたくないですから。

そして、デザインをいじくり倒し、
最終的には、デザイナーを罵倒し、逆ギレされ
インターネットビジネスがトラウマになるのです。

素人や、マーケティングの知識のないWEBデザイナーが
デザインをすることほど、危険なことはありません。

デザインをすればするほど、売れなくなります。

デザインをすればするほど、あなたの大切な
『時間とお金』は飛んでいきます。

あなたのまわりにも、きっとそういう話がたくさん
あったと思います。

だから、もしあなたが、真剣にホームページを作って
儲けたいと思うのなら、次のことを嫌と言うほど、
心に刻み込んで欲しいのです。

「デザインに、逃げるな。文章で、まず勝負する」と。

ホームページを制作する前には、これを
100回唱えてから、制作し始めるようにしてください。

そうすれば、誰がなんと言おうと、鉄の意志を持って
ホームページを正しい方向に導くことができるはずです。

まず、文章だけに集中すればいいので、
あなたのポテンシャルは200%発揮されます。

売れない障壁すら、明るい未来のスパイスと
感じられるはずです。

次から次へと、文章を変更するアイデアがわき出て
インターネットビジネスでの試行錯誤が
楽しくて仕方が無くなるはずです。

まずは、一兎を追うことに集中してください。

私が今日お伝えしたかったことは以上です。

伊勢 隆一郎

|

« 実践報告2 最強のセールスレターチェック方法? | トップページ | 実践報告3 キャッチコピーの決め方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実践報告2 最強のセールスレターチェック方法? | トップページ | 実践報告3 キャッチコピーの決め方 »