« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

師匠の平先生が小学5年生のとき、お父さんが蒸発したそうです

平秀信さんが、小学5年生の時、お父さんが蒸発したそうです。
廣田康之さんは、親の借金を返済したそうです。

どうしようもない事情はあったと思いますが、その事情を、私は、聞いたことはありません。

本書は、そんな2人が自分のことを赤裸々に綴ったものです。

億万長者に成り上がった背景を、少し知って頂けると、プレゼントされる2人の対談も、よりあなたのお役に立てると思い、お知らせしました。

平秀信と廣田康之の熱い思いを、
一人でも多くの方に知って頂き、
そして一人でも多くの方に成功を
掴んでいただきたい。

そんな気持ちで、私の大切なあなたに、
ご紹介させて頂きました。

書籍代は、1575円。
予約期限は、あと2日。

ぜひ、読んで、聞いて下さい。
あなたの
やる気、勇気が一層進化します。
お願いします。

ありがとうございました。

↓アマゾンキャンペ-ン内容はこちら↓
★★★★★★
6年で72億円を稼ぎ出した
平秀信の新刊「凡人の野望」がついに発売!

ほんの数年前まで凡人だった平秀信と廣田康之が
億万長者に成り上がることができたその思考法と
毎日の行動パターンなどを包み隠さず一冊の本に凝縮。

そして今回はなんと!

新刊「凡人の野望」発売記念イベントとして
72時間以内にアマゾンにて、ご購入いただいた方のみに、
平秀信が億万長者になるために日々どのように過ごしているのか?
具体的に朝起きてから寝るまでどのような行動をしているのか?

そのすべてを映像にまとめあげた「億万長者の一日」

そして億万長者・平秀信と廣田康之との対談
「勉強ばかりして成果のでない人へ朗報!
苦労することなく、脳の力を2倍にし、
アイデアを湯水のように湧き上がらせる不思議な方法」
を収録したを音声を同時プレゼント!

・年間数十億円稼ぐその裏側には一体何が隠されているのか?
・あなたの今までの経験を宝物にかえる方法とは?
・その他大勢から飛びぬけてお金を生み出す非道徳すぎる思考法とは?
・年間数十億円稼ぐために絶対に必要なものとは一体何なのか?

このようにまだ誰も語ってこなかった億万長者になるための
秘密を余すことなく公開していきます。

さらに新刊には、「紙とペンで億を稼ぐ二人の
コピーライティング術の極意を収録した69分CDがついています。

新刊「凡人の野望」を購入し、
そして今回のプレゼント「億万長者の一日」
そして「億万長者の対談」を手に入れて
人生が180度変わってしまうくらいの
衝撃を受けてしまいたい方は、いますぐこちらをクリック!
      ↓↓↓
http://www.hirahidenobu.com/yabou/
★★★★★★

| | コメント (0)

秋刀魚フリーク伊勢

おはようございます。

だいぶ秋らしくなってきましたね。

秋と言えば、私のなかでは100%、秋刀魚(サンマ)の季節です。

私は、一回の食事で2本、焼き秋刀魚を食べてしまう
ことがあるほどの秋刀魚フリークです。

秋刀魚を焼いたときの脂と塩が相まって、こがね色になった
あれは、いったいなんなのでしょう。旨すぎる、と思います。

大根おろしにささっと、醤油を垂らして、
ほぐした身をひとつかみ。

肝の部分もちょっとつかんで、あつあつの
ご飯と一緒にほおばれば・・・すごいことになります。

そんな秋刀魚狂いが生じて、去年は、ついに日本一の秋刀魚
水揚げを誇る、北海道根室の花咲港に行きました。

Cimg1294

北海道の花咲港といえば、全国の秋刀魚フリークにとっては、
名前を聞いただけで、ご飯3杯はいけてしまう聖地なのです(ウソです・・・)。

その漁港で、漁師の方と一緒に、水揚げされたばかりの
ピッチ、ピチ、に死後硬直している新鮮な
秋刀魚を朝食で、食べたのですが・・・。

これがもう、旨い!のなんのって、旨すぎて、
もうダメだ、と思いました。

新鮮な刺身の、コリっとした絶妙な歯ごたえ。
歯ごたえが、一分の隙もないほど、正しくカンペキなのです。

一噛みごとに、口いっぱいに広がる、醤油をはじくほど、
旨味たっぷりの良質な脂。

そして、白いご飯。味噌汁は色々入ったあら汁。

正直、モノが違う。

死ぬ前に最後に、もう一度だけ食べたい!
そんな気持ちになった朝ご飯です。

今度、みんなで秋刀魚の食べ歩き弾丸ツアーをやりたい。

そして、去年、三陸にもいったのだが、そこで
ある発見をしました。

東北や北海道の漁師さんたちは、秋刀魚の刺身の食べ方が
関東の人たちとは違うのです。

普通、秋刀魚の刺身といえば、ショウガやニンニクショウガ、
もしくは、ワサビで食べますが、
東北や北海道の漁師さんは、まったく違う食べ方をします。

それが、これですね。

Cimg1320_1お刺身を深皿に入れて、そこに、ワッと一味を振りかける。そして、豪快にトクトクと醤油をかけて、ヅケっぽい感じで食べるのです。

こうなります。

Cimg1325_4

新鮮で臭みがないので、ショウガや
ワサビでにおいをとる必要がない。

一味のピリッとした辛みで、甘みが引き立つ。

醤油につけても、力強い脂で、はじくので
しょっぱくない。

イカの刺身も、新鮮だと透明でかみ切れないくらい
コリコリなんですが、同じように一味で食べていました。

ぜひ、こんど新鮮な秋刀魚の刺身を食べるときは、
一味醤油で食べてみてください。

それにしても、この旅はおもしろかったです。

新鮮なさんまのポイントは死語硬直。極上一本立ちと呼ばれるスタイルです。死ぬときはこんな死に方をしたいですね。

Cimg1288_1

これは、いい鮭だ。

Cimg1308_1

キングサーモンってただのデブなのだ・・・

Cimg1310

この旅は、おもしろいことが一杯ありました。それについては、また今度。

Cimg1326_2

で、ぜんぜんマーケティングの話じゃないと思うかもしれませんが・・・

| | コメント (2)

実践報告4 テストのやり方

「伊勢さん、本当のこと分かってないんじゃないの?・・・」

と、ある方に、言われました。

なぜ、そんなことを言われたかというと、
TwoHoursHomepageの効果的な使い方を、知らなかったからです。

やはり、毎日使ってくださっている
皆さんの方が、便利な使い方をされていると、気づかされました。

その内容ですが、広島県にお住まいの財津さんという方に
教わりました。

----------------------------
※財津さんからのメールです

■集客方法について

決済サービスとして、インフォカート、インフォストアが
あると思いますが、私が少し感じたのは、
ブログと同じで、ユーザーはそれぞれあまり重複して
いないのではないか?と、ということでした。

そこで、インフォカートとインフォストア両方に
登録するために2つのページを
TwoHoursHomepageで作りました。

便利なのは、セールスレターは少し、変えましたが、
ほぼそっくりそのままで、経費をかけずに
2つの決済ページを持つ、ことが出来るということです。

決済サイトを集客としても考えていくとこうなりました。

■テストについて

テストですが、これを非常に気軽に行えることが
THHPを使っていて、一番実感しています。

たとえば、メルマガ広告を出すときに、
 
 http://www.ikiikisales.com/
こちらは、2,000部までのメルマガ。広告費 15、000円。

 http://www.ikiikisales.com/store
こっちは、30,000部のメルマガ。広告費  70,000円。

と2つのページでテストをしました。

従来はHPを業者へ頼み、今自分が作ったサイトクラスでも、
一件50,000円程度払っていましたので、
こんな贅沢なテストはできなかったのですが、
上の2つの広告を全く同じ日の同じ時間帯で出しました。

「イセ:ホームページ制作費を広告費にあててテストできると
いうことですね!」

圧倒的に、30000部が勝つと思っていたところ、
まったくの桁違いで、2000部メルマガの
広告での売上が多かったのです。

1000から2000までの読者のメルマガが本当に、
そのメルマガを読んでいる、ということが今回のテストで
わかりました。

このことがわかっただけで、THHPを利用していて
価値があるなと感じました。

広告としては、10,000部以上のメルマガは、
少し危険だとわかりました。

■ドメイン1つで17商品を販売可能

おそらく、ほとんどのTHHPユーザーの方には、
20ページ制作が可能、という意識は無いと思います。

一つのドメインでで20個の商品販売もが可能ではないかとも思います。
(決済ページの問題はありますが、当面、代引きだけだと、すぐに可能ではあります)

「イセ:TwoHoursHomepageの場合、それぞれのページはリンクされないので
20個のページをつくればそれぞれ独立したサイトとして関連のない商品を
売ることも可能です。」

■どれくらいでできるのか?

実は、昨日、会社の会議でセミナー開催が決まったのです。
そして、今、サイトが完成しました。

こんなスピードは従来では、不可能だったのです。
しかも、時事上、制作費は0円。

それがこのサイトです。

  http://www.ikiikisales.com/book/

今、私が気をつけているのは、このTHHPの特性を使ってしまって
儲けのないサイトを乱立することのないように、ということです。

本当にいいシステムに出会うことが出来ました。
「イセ:こちらこそ使ってくれてありがとうございます!」

----------------------------

みなさんも、ぜひたくさんのページを作って
活用してください。

財津さん、本当に良い情報をありがとうございます。

TwoHoursHomepageはいくら作っても、直しても
お金が追加でかからないので、気楽な気持ちで
とりあえずつくってみるのがいいと思います。

とはいえ、
「そうはいっても、商材が・・・・」
という方はたくさんいらっしゃると思います。

そこで、商材の見つけ方、探し方について
何か良い情報をお伝えできればと思っています。

商材のことで悩んでいる方は、ぜひ、ブログにでも
悩みを書き込んでください。

宜しくお願いします。

それでは。

伊勢隆一郎

| | コメント (3)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »