« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

セミナー終わりました、さて・・・

こんにちは。毎日、寒いですね・・・。

最近気づいたのですが、体重増えて、脂肪が増えても
冬の寒さは変わりません。

なんでだろうなー、と思っていたらK社長が、
「伊勢さんのは、脂肪だけでしょ?」「筋肉と脂肪を一緒につけないと
暖かくならないですよ・・・」

「伊勢さんのは、素太り、言うなれば素デブ、だからダメですね」

って、言われました。私は素デブだそうです・・・。

さて、最近仲良くさせていただいている、久永先生が
本を出されました。

久永先生は、あのアテネオリンピックで金メダルをとった
体操ジャパンのフィジカルトレーナーです。

写真みせてもらったのですが、金メダルとった選手と
いっしょに肩を組んでました。


ビジネスパーソンとしても、秀逸で、10店舗以上のオーナー
をしながら、数々の大手企業とも提携をしています。

尊敬する大社長の一人です。

発売された、新刊ですが、女性必見です。

私はもう読んだのですが、
「気になるお腹のぽっこりが、●●●ストレッチで、3分で消える!」
というのがあったので、早速やってみました。

感想は・・・。

●●●ストレッチ最高です!お腹かなり見た目が変わりました。
うちの社員が証言します。

そのほかにも、私はO脚で、かなり足の間があいているのですが、
ストレッチをしたら、かなり間が縮まりました。

かわいいイラストで分かりやす。
ぜひ、女性の方は一度、ご覧下さい。表紙が見るからに楽しそうです。

オリンピックトレーナー、久永先生の「セルフストレッチ本」はこちら!

さて、そんな久永先生も参加してくださった、
第2回、3回TwoHoursHomepage初心者セミナー。

今回は個別面談の時間もあったのですが、
皆さんの悩みが分かりました。

「商材」を作るのがとてつもなく大変だと思っているんですね・・・。

そこで、セミナーでもお話したのですが、
商材なんて3時間もあれば、後は、5万円くらいで
人が作ってくれます。

その方法は、明日以降、すぐにブログで説明
しようと思います。

お楽しみに!

追伸:久永先生12月17日のあるある大辞典に出られるそうです。すごいです。

| | コメント (5)

16万ドルの男??

こんにちは。伊勢です。

前回の書き込みからかなり時間が経ってしまいました。
お待たせしてごめんなさい。

さて、前回のメールで触れた16万ドルの話です。

16万2千ドル。

これ、なんの数字だか分かりますか?

日本円でいうと1800万円くらいです。

・・・。

これは、実は、あるスーパーエリート集団の
平均年収なのです。

そのスーパーエリートたちとは?・・・。

それは、世界一、難しいと評価されている、
「ハーバード大学のMBA」課程を卒業した人たちです。

世界一のエリート集団の、
平均年収は1800万円。

高いと思うか、安いと思うか、
それは人それぞれだと思います。

私は・・・、安いと思いました・・・。

あ、誤解しないでくださいね。

その話を聞いたとき、その場にいた3人全員が
そう思ったのです。

ひとりの男は年収280万円ですが、
それでも、1800万円を安いと思ったのです。

なぜ、そう思ったのか? ですが、

ハーバード大学に入るのは、
マジであり得ないくらい、大変なのです。

ハーバードを始め、MBAのトップ校に
入学する日本人は、毎年7人くらいなものです。

入学する人たちは、血反吐を吐くほど、
毎日毎日、勉強しています。

有名な話があります。

楽天の三木谷社長は、ハーバードに行くために
毎日、朝の4時から、英語の勉強をしたそうです。

どんなに夜遅くまで働いた次の日でもです。

出勤までの英語勉強だけは、守り続けたそうです。

ものすごい、覚悟ですよね。
ハッキリいって、超人だと思います・・・。

留学してからも、日本のお遊び大学とは違います。

毎日、予習、復習で、
遊びに行く暇なんてありません。

落第したら、即退学ですから・・・。

そこまでやって、平均年収1800万円です。

どうですか?

あなたも挑戦してみますか?

ただ、一つだけ言えることは、
実は、今からでは、ほとんど人が
挑戦することすら許されません。

なぜなら、大学時代にかなりいい成績を
とっていないと、その時点でダメなのです。

どんなに今から勉強しても
無理なモノは、無理なのです。

だから、もしあなたが、MBAをとって、この
年収をゲットしようとしても、まず無理だと思います。

しかし、世の中にはそんな苦労をしなくても
実に簡単に稼ぐ方法があります。

簡単ですが、ただ、
「覚悟」と「決断」は必要です。

私の友人に、ある決断をして、
月給200万円になった男がいます。

どんな決断をしたのか、興味がある人は、こちらを
クリックしてみてください。
↓↓↓
http://www.rise-inc.jp/thh/interview_murakami.html

伊勢 隆一郎

|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »