« 9月1日マーケティングセミナー | トップページ | バリセミナー、無事終了しました »

答えを聞いてどう思いましたか?

大富豪6つの質問の答えを公開しました。

メールを読んでくれている方はもう知っていますよね。

読んでみて、どう思いましたか?

(まだ、質問や答えを知らない人はこちらから登録してください
http://www.rise-inc.jp/im/movie.html

ぜひ、今回も読んだ感想をみんなでシェアして欲しいと
思います。

異論反論、なんでもかまいません。あなたの役に立ったかを正直に教えてもらえるとうれしいです。

今回もいい感想を書いてくれた1人に
2万6千円の商材をプレゼントします。

Photo_7

すでにこの商材を購入してくれている人の場合は
村上さんと私が使っているノートと、コピーを書くときにいつも聞いているBGMをプレゼントします。

これがあると、どんな場所でも一瞬で集中できるようになります。

ということで、ぜひ、コメント欄に役だったか、理解できたかなどの、感想をお願いします。

尊敬するMr.Xが教えてくれたのですが、
学んだことを最短で自分のものにする法は、
「誰かに教えること」だそうです。

ということで、また今回も感じたことを
ぜひ、シェアしてください。自分とみんなのためになります。

|

« 9月1日マーケティングセミナー | トップページ | バリセミナー、無事終了しました »

コメント

相手を認めて理解してあげる事が
絆を深めるんだなと思いました。

「理解して伝える」その伝える
という部分がよく見えてこないですね…

相手に対して
「もっと良くなって欲しい」
「しあわせになって欲しい」


「そうなる為にもあなたには
これが必要だと思うよ」
と伝えてあげる事なのでしょうか!?

単に長所を誉めて短所を直させる
という事ではないですよね。

投稿: 箭内圭三 | 2008年3月 8日 (土) 19時58分

この話の真実が、どこまで伝わっていくかとても興味深いです。

なぜならば、わたしは、すでにこの答えの「本質」を体感したからです。そして、その素晴らしさを知っています。

話を聞くだけでは、人は少ししか変われません。
しかし、行動して体験していくとどんなに下手くそでも、どんなに結果が悪くても急激に変われるのです。

この「本質」を実感したければ、ぜひ特定の人を分かってあげて、そのわかった気持を素直に伝えてあげてください。

これは、コピーライティングがうまくなるというレベルでは終わりません。
あなたが、これからの人生を本当に幸せに生きられるかのレベルまで引き上げてくれるものです。

信じて行動するかしないかは、あなた次第です(^^)


投稿: 成島一之 | 2008年3月 8日 (土) 20時10分

確かにそのとおりだと思います.
人に分かってもらえるってとても嬉しいです.
人に分かってもらえないってとても悲しいです.
人は認められて初めて輝けるのだと思います.
私もわかってあげられる人になれるように
頑張りたいと思います.

武藤

投稿: 武藤 | 2008年3月 8日 (土) 20時39分

釣り人の気持ちで考えるのではなく
「魚になって考える」ということですね。

大事な本質の部分を忘れるところでした。

自分の主張したいことだけ
をひたすら話すのではなく

相手の不安や、悩み、恐れや、怒り
憂鬱な気持ちすべてを理解してあげることに
よって、はじめて購入してもらえる。

相手を理解してあげるという
大事な本質をもう一度見直して
セールスレターを作り直してみようと
思います。

ありがとうございます。

投稿: 三橋 | 2008年3月 8日 (土) 20時53分

最初でのコメントでちょっと
ちぐはぐになってしまったのですが…

それは…

ここまでの関係になってるとすると
もう言葉でどうこう交わすレベルを
越えてしまっていると思うのですが…


その上でどこまで伝える事が
伝えるという事になるのでしょうか…


それをどのような言葉で表現する事が
相手にとっての安堵感になるのでしょうか…


人によってそれは変るものかも知れない…
でも言葉にして伝えなければ
伝わらない事もある…

それはいったい何

投稿: 箭内圭三 | 2008年3月 8日 (土) 20時58分


答え:

「理解」。相手の気持ちをわかってあげること。
___________________

確かに・・・。


相手を理解してやれないから、戦争が起きたり
するんだな、って思います。


相手のことを理解してやろうと
誰もが思ったらどんな世界になるのでしょう。


キレイごとと言う人もいるかも知れません・・・。

でも、

まず、私から周囲の人を理解してあげる
生き方を始めて見ようと思います。


相手を理解してやることを、
常に意識して、今から生きていこうと思いました。


それが儲かる秘密でもあるのだから。

投稿: 岡村元紀 | 2008年3月 8日 (土) 20時58分

「人は人に認められる事が最高の幸福」

一人として同じ人間はいませんが

それぞれの個性を認め合いながら

互いに成長していける事が1番良いのかも

しれません…

投稿: 箭内圭三 | 2008年3月 8日 (土) 21時31分

自分が理会されない時、不安や恐怖を感じ、何故ダメなのだろうと自分を追い込み、行動さえ止めてしまいます。しかし、自分以外の誰かが同じ状況にある時に自分のことしか考えません。
言葉で理解するというのは、とても簡単です。
本当に自分が出来ることは、ほんの少しかもしれませんが、理解しようと何か行動を起こすことだと考えます。
行動こそが、理解する為の一歩となり、結果を生み出すものだと考えさせられました。


投稿: 修 | 2008年3月 8日 (土) 22時18分

確かに言われるとそうですね。

「その人を理解し、理解したことを伝える」

ということは、その人にとって嬉しいことや満足することを伝えたり行動する。

それが出来れば言うことないですよね。

僕は、まず理解出来ることから始めないといけないですね。

なんとなく考えていますが。

ありがとうございました。

投稿: 谷井裕太郎 | 2008年3月 8日 (土) 22時52分

成功の鍵は、いつも意外とシンプルで足元にあるものなんだなって感じました。


答えが一つだとしても、受け手の個性や感情的な体験、立場によっても当然、解釈の仕方も変わってくると思います。


あとは、いくつもの視点をもってして、「絶対多数なんだから」とされる常識を破って、足元にある宝に気がつけるかどうか? 
と思いやりが大切なのでしょうね。

結局、ネットでもリアルでも問われる資質は、同じなんだと思います。


相手のことをよく考えて理解して、発言、あるいは、コピーライティングすることで受け手の感情を左右に少しずつ動かし、満足を超えて感動させた人のもとに
対価として、それに見合うだけのお金が流れてくるわけです。


ただ、あおって・あおって、買わせたとしても、信用は、がた落ちで一発屋として退場しなければならない末路をたどるのがオチです。

「報酬を求める前にニーズを満たしてるのかどうか」
観察したり、アンケート取ったりして調べます。


ちなみに、人はなぜ、生きているのか?
という問いは、一番重要だと思います。


人生の目的を明らかにしなければ、ゴール設定もままならないのですから・・・

明確にステップを作って、行動起こしたいと思います。

珍しく考えが、まとまりました(^^)


ありがとうございます。

投稿: 中村  | 2008年3月 8日 (土) 23時29分

理解する

相手の苦しみや怒り、不安、こうして欲しいという思いを理解はしているつもりでいるのですが

理解していても、それを言葉や態度に表さないと相手には通じませんよね。

それをどのように相手に伝えたらいいのか、その具体的な方法が難しい。

妻や子供達が、私に対する不安、怒り、要望などは理解しながらも、こと自分の事となると、彼らが思うように行動できない 

それが不満がつのるとことになりますね。

しかしお客さんのことには、もっと理解できるように、定期的に文章にリストアップ、紙に書き上げるようにしてみたい。

そしてそれをセールスレターに活かしたいと思っています。

有難うございました。


投稿: 藤井 宏一 | 2008年3月 8日 (土) 23時31分

 人が他人に求めることは、自分のことを分かってほしいということなんですね。
 素直になれば、そんな心も打ち明けられるけど、意地やプライドがあって上手くできないから、さみしくなったり、悲しくなったりするんですね。
 確かに、他の人に自分と違う意見を言われると、自分の意見がわかってもらえていない気がして、すごく意地になってしまう気がします。
 そんな悲しい現代人の心を分かってあげるようなビジネスをしたら、面白いのかな、とも思いました。

投稿: 村松 | 2008年3月 8日 (土) 23時42分

伊勢隆一郎先生。いつも大変お世話になっております。ご連絡有難う御座います。6つの質問の答えですが 伊勢隆一郎先生の云わんとすることは、よく理解できました。今まで商品の特徴、効果、効能や、サービスを伝えようとする気持ちが強すぎました。顧客の悩みや苦しみは考えずに売ることだけを考えていました。答えを参考にセールスレターを見直して修正します。伊勢隆一郎先生の最強の商材が早く欲しいです。
もったいぶらずに早く 売り込んでください。(笑い)今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

投稿: かつ | 2008年3月 8日 (土) 23時49分

「この人は私のことを本当に分かってくれている」と
思えた瞬間に、人は心が満たされるんです。
胸がいっぱいになって、涙が溢れてくることもあります。・・・

という所に、すごく実感を持ちました。

実体験したので・・・。

それはつい最近、そう4日前の夜、

神秘的な場所で、
出会ったばかりの友人なのに。

涙して3人の友人に語ってしまったあの夜は
まさに「分かり合えている安心感」からだったのでしょう。

あの時、なぜこんなにも涙が溢れ、自分の一番痛い部分を
さらけ出してしまうのだろうと不思議に思っていました。

今日、伊勢先生の言葉でその時の「無条件に溢れた感情」に
気づくことができました。

今度は泣かせるくらいの理解者になりたいです。そして、
胸がいっぱいの気持ちをきちんと伝えるようになりたいです。

僕の人生を変えてしまうような
大きな「気づき」をありがとうございました。

「分かってあげて、きちんと伝える」
ですね。

また
プレゼント当選者の「岡村元紀」さん
おめでとうございます。
うらやましいです(笑)

次こそっ!(^_^)

伊勢先生、
バリセミナーから帰って間もないですから
お体にはじゅうぶんお気をつけて・・・。

投稿: えんどうひろみち | 2008年3月 9日 (日) 00時25分

なかなか売上が上がらず、悩んでいたときに、おそらくお客さんに信頼されていないんだろうなぁ・・と考えていました。
そんなときに村上先生のマーケティングセミナーを聞きまくったのですが、私はお客さんを心の底から理解していないことに気付きました。

「悩みを集め、考える」
この理解するためのプロセスがいかに大事なのかということを教えていただきました。

そして「伝える」ですね。

私が行っているマーケティングの全てのコピーを見直し、先生方のようにお客さんと良い関係が築けるようなマーケターを目指して頑張ります。

いつもありがとうございます。

投稿: 小島 | 2008年3月 9日 (日) 10時13分

「理解」「伝える」というこの2つの行為は、実は簡単そうで、一番難しいことだと思います。
このキーワードを胸に秘めて行動するのと全く気づかずに行動する場合では、雲泥の差が出るということを自らの体験から教えていただいたことにとても感謝しています。
電車の車内吊り広告などを見ていても、この2つのことが当てはまる広告は、心に響いてきます。そしてどこの広告?という興味が湧いてくるのです。
この時点で心の中にインプットさせることに成功して
いるのですね。いつもありがとうございます。

投稿: 石川 | 2008年3月 9日 (日) 10時46分

お客様に伝えたい事・・・悩みに共感し悩みを解決する方法を短縮できる時間を提供する、この事ばかりを考えていました。一番大切な「理解」する事、今の商品のレターを家族、友人に読んでもらって購入してもらえるだろうか?忘れていました。もう一度今までのお客様たちと真剣に向き合い話をしてみようと思います。

投稿: ダイ | 2008年3月10日 (月) 14時03分

メールを読み返し3度目に読んでいたら、自分の思い当たる部分が前回のコメントの箇所と違う事に気づき、あらためてコメントします。

「ああ、この人は私の気持ちをぜんぜん分かってくれないんだな・・・」と、思った時死ぬほど悲しい気持ちになりませんでしたか?

この部分です。

数年前、妻がある「心の病気に」なったとき、僕の気持ちを全く理解できない状態に、生きている事すら辛いくらいの絶望を感じました。

妻の「心の病気」に世間的な恥ずかしさから
「分かってくれなかった悲しさを、誰かに分かってもらうことで埋め合わせしたい・・・」
それすらできませんでした。

そんな状態でしたから、僕もある意味
「こころの病気」かかりつつあったのかもしれません。

今はたくさんの人のおかげで回復しています。
冷静に当時の話をすることを苦じゃなくできるようにまでなりました。

そんな昔話をしているとき、当時僕が回復して欲しいと思って「伝えていた」ことは全くの逆効果だったことも正直に話してくれました。

つまり当時の僕は、
妻の回復を願っているふりをして、自分が求めている結果欲しさの言葉を伝えようとしていたのでしょうね。

「こころから理解してあげて、それをちゃんと伝える」

簡単なようで難しい。難しいようで簡単のような?

まず、自分のこころが健康的で豊かで自立してこそ
できるのかな〜なんて思いました。

投稿: えんどうひろみち | 2008年3月10日 (月) 14時09分

理解しました。
正解できてよかったです。capricornus

投稿: 田中祐造 | 2008年3月10日 (月) 15時01分

『村上さんからメールが来ました』を読んで。。


”友達や家族に見せられないようなメールを
送ってはいけない”


心が痛いです!

なぜなら、今までの自分が
売り込み目的の陳腐な内容のものを
書いていたからでしょう。

相手を友達と思い、
相手の気持ちを親身になって
理解してやらなければいけなかったのですね?


村上さんの文章・・・

ネットで生活を始めて、
こんなに人間味のある温かい文章を
読んだのは初めてです。


でも考え方が合わない人は合わないのですね・・

伊勢先生。

稼げない状況が人を盲目に
してしまうのでしょうか?


でも、私自身、切羽詰った状況になったら、
どんな手段でもと思ってしまいそうで怖い。。

今は少し余裕があるから大丈夫なだけなのかも・・

今までの自分は、、

稼ぎたいために先生の言うことを
頭だけで理解しようとしていた。

伊勢先生は
『自分はお客様のために生きているんだ』
とおっしゃいました。

伊勢先生、今、お二人の気持ちが
少しわかった気がしました。

(長文になってしまいスミマセン!)


投稿: 岡村元紀 | 2008年3月10日 (月) 18時37分

答え”理解”でしたね。

私は気持ちをわかってあげない”気持ち(感情)”と書き込みをさせてもらいました。


理解・・確かにその通りです。

言葉を聞いただけで
わかったつもりにならないように
相手が何を考えているのか?
何を理解してほしいのか?を
意識して過ごしていきたい・・と思いました。


素晴らしい質問を投げかけていただいて
ありがとうございます☆

投稿: kusama | 2008年3月10日 (月) 19時41分

本当に人を理解することの大切さに気づきま
した。

でも人を理解するためには、愛情がなければ
誤解をすることもあると思います。

私は、答えを「愛情」と書きました。

私は誤解され易いタイプの人間ですから、
本当に理解するためにはその人を好きに
ならなければ理解できないように思います。

そのために、自分をさらけだして自分を、
好きになってもらい理解してもらう。

と考えて良いのでしょうか。
私の考えは間違っているのでしょうか。

投稿: 深田 | 2008年3月10日 (月) 22時12分

「理解して伝える…」
心に響きます…
…まさにこれは「無償の愛」
見返りを求めない愛ですね。
だから賛同するんです。

投稿: | 2008年3月10日 (月) 23時22分

上記は私です
名前が未記入でしたスイマセン。

投稿: 箭内圭三 | 2008年3月10日 (月) 23時28分

今までのメールももちろんですが、前回、今回のメールが過去最高良かったです。

何が良かったかというと、本当に心に響くんです。

まさに僕らのことを「理解」されているなと、実践でみせていただいた気がします。

他の情報ビジネスをやっている、いやビジネスをしている人たちとのレベルの違いを感じました。

「友達」がとてもわかりやすいキーワードでした。

良いコピーが書けそうです。

投稿: 中村 | 2008年3月10日 (月) 23時44分

誰でも友達は大切と思います。

「お客さんは友達」

良い言葉ですね。

こころに響きました。

そうですね。

たしかに、親友を想うとき、
その親友が大切にしている
家族まで無意識に気にかけますもんね。

妻が大切に想う知人も心配したり。

それは無条件での想いですもんね。

ありがとうございました。

投稿: えんどうひろみち | 2008年3月11日 (火) 11時10分

ある私塾に参加しているのですが、
最近徐々に首謀者の方のメッセージが、
「応援」から「煽り」に変わって来ていることを感じます。

他の参加者の方々の大半はもう、
信者のようになってしまっているので、
彼の一言一句にひれ伏していますが、
私は疑問が増えるばかりか不信感すら抱いています。

それはなぜか?

きっとそれが今回の答えや伊勢さんや村上さんのメッセージに、
繋がっているように思いました。

前出の私塾、
最初はとても首謀者を尊敬してましたし、
その人について行こうと思っていたので、
そこから突き落とされたような感じがある今、
伊勢さんや村上さんに対しても、
「きっと最初だけなんでしょう?」
という不安感はありました。

ていうより正直、まだ少しあります。

ですが、もう少し関わっていたくなりました。

そんな「答え」「メッセージ」でした。

ありがとうございました。

投稿: 坂本 | 2008年3月11日 (火) 14時30分

「最強の方程式」にあてはめると、
今までの僕の方程式は

「ー理解」+「伝える」+「ー表現」=「不幸な大貧民」

でした。

全ての気持ちが
「お客さん=友達」
として、向いてなかったんですね。

ありがとうございました。

投稿: えんどうひろみち | 2008年3月11日 (火) 20時31分

私には答えが「理解」だと想像がつきました。なぜならいつも妻に「もう少し私のことを理解して欲しい」といわれつづけていますので・・・約20年ほど・・・
ただ相手を理解してあげるのも難しいですよね
身近な人だと特に難しいのかもしれません。
みんなが理解しあえる仲間になれるといいですね。

投稿: ショウ | 2008年3月11日 (火) 23時07分

こんにちは。
はじめてご返事さし上げます。
伊勢さんの仰ること、よく理解できました。
今までは表層的な理解、
というよりもわかっているつもりだったようです。
生きること、商売をする上で大きな転機になりそうです。

投稿: じいちゃん | 2008年3月12日 (水) 15時48分

『理解』するということ、人間同士の様々な繋がりの中で非常に大事で尊いものであると思います。私も最近この『理解』してもらえなかったが為に、非常につらい目に会いました。自分自身がこれを逆に戒めにして行きたいと思います。

投稿: higa | 2008年3月13日 (木) 15時06分

村上先生からの手紙、99%同意します。

本当にその通りだと思います。

私がネットでビジネスを始めようと思った際、
一番引っかかったのがまさにその部分でした。

煽って煽って煽りまくる・・・

時間で、価格で、サービスの内容で

確かになかなか決められない人もいますから
背中を押してあげることが必要な場合もありますが、

それまでやっていたオフラインでの商売とは
あまりにもかけ離れていて、でもたくさん煽る人ほど儲かってしまうという、違和感を感じずには
いられない世界でした。

そんな中で伊勢先生や村上先生と出会い、
本当に信じられる、理解してもらえる先生達に
出会えた事を幸運に思います。

残りの1%は、
MR、Xや先生達のように山の頂に登った
あるいは登りつつある人と

まだ1歩、2歩を登り始めた私が同じ
王道、成功道でいいのだろうかという迷いです。

例えば寄付という慈善活動をするにも
ある程度自分が儲けたり、
それなりの成果が出ないと
相手を理解する余裕が生まれないのも
事実だと思います。

ともあれ私の師匠(メンター)が
そういう考えでビジネスを進める以上、
私は安心して信頼して学んで、吸収していけます。

ありがとうございます。

投稿: たるいし | 2008年3月13日 (木) 15時39分

いつもありがとうございます。

いつも考えながら、と言うより自分に置き換えて考えてます。

「理解」ですね。難しい言葉ですよね。まず、自分を
理解して欲しいなら、他の人を理解しないとダメ!

と言う言葉を思い出しました。

また、勉強中の私にはこれから先の「道」になる言葉
です。

まず、自分が他人になって見てみる。自分に置き換えると答えが見える。

まだまだ、これからのスタート(まだスタート地点に
立ってませんが・・・><)

ですが、この言葉の「意味」「その先」を「理解」することが出来たようです。

ありがとうございました。

投稿: 黒木 | 2008年3月13日 (木) 16時11分

お疲れさまです。私は稼ぎたいが先に立ち、物事を簡単に考えていました。いざホームページを立ち上げてアフィリエイトを始めてみたら、全然稼げません。最近は3ヶ月に一度程度5千円の入金が有るか無いかです。自分の考えが先行してしまい、サイトを見る方々の気持ちを理解しようとは思いませんでした。大変考えさせられました。一から出直しです。ありがとうございました。長々と申し訳御座いません。

投稿: 村瀬清孝 | 2008年3月13日 (木) 19時21分

不思議ですね。
今日の昼間・・
村上さんや伊勢さんのことを
こんな風に思っていたのです。

平さんやミスターXさんから学んだことを
実に分かりやすく、
親切に、
優しく伝えている。

煽り、おごり等々
表現は悪いですが臭いものを消して
時分流に理解し直して
さらに人に伝えていると。

正直にいいますと今は、
平さんからのメルマガも止めて、
教材もすべて捨てています。

お二人は
平さんの本来の願いを
実行しているのかも知れませんね。

わたしは言わずもがな
落ちこぼれの一人ですから
こんなことを言えた立場ではありませんが。

偶然ですが
ちょっと昼に感じたことを
書かせていただきました。

投稿: じいちゃん | 2008年3月13日 (木) 19時57分

最近、また過去に戻ってMr.Xのテレセミナーを
最初から聞いたり、IPSや、暗黒で語られている
Mr.Xの話しを何度も聞いています。


伊勢さんや山口さんがまだネットビジネスを
始めたての話とか改めて聞けて、伊勢さんと山口さんは
今こんなに成功している、私も後に続かなければと
思っています。


6つの質問の答えは「理解」。


私もそう思いました、
(と言うか、「愛」と思いました)


Mr.Xが言っていました。コピーは「愛」だと。


常に見込み客の気持ちを考えるように
何度も言われていましたが、今までどうしても
「リスト」だとか、「反応率」だとかに
ばかり目が行っていました。


頭では理解してきて、本当に大事なのは
見込み客の生活を感じて接する必要があると
思っているのですが、平先生やMr.Xのレターを
見ると、どうしても強烈すぎるレターなんですね。


なので、心では「見込み客を理解」し尽くしたレターが
いいとわかっているのですが、どうしても強烈なレターが
頭をよぎり、真実を見失いそうです。


ですが、今こうして伊勢さんのメールを本当に他の
メルマガと違うと感じ、そしてこのブログに書き込みを
すること自体、「理解」というものが私の心に
響いているのだなと感じています。


投稿: TANNIY | 2008年3月13日 (木) 20時03分

「理解」、非常によくわかります。
良くわかると言ってしまうと、本当に分かっているの?
そう呟く伊勢さんの姿(写真で見かけた)が思い浮かびます。
本当の意味で相手を理解するということは、大変難しいことだと思います。
はっきりいって不可能に近いです。
相手のことをよく理解していると思っている人のかなりが、独りよがりの想い(感情)だったりするのではないでしょうか。
そこに本当の愛情はありますか?
無私の気持ちはありますか?
相手に伝える前にまず自分自身。
私の考えです。

投稿: 清水正洋 | 2008年3月13日 (木) 22時29分

わたしの答えは、「相手を認めてあげること」でした。
答えをみて、「なるほど」と思いました。

認めてあげる

理解する、分かってあげる

って違うんですね。

「認めてあげる」って自分が上になってる。

でも、

「理解する、分かってあげる」って自分が相手に合わせてる

・・・って感じがしました。

わたしのレターやメールにも、この違いが出ています。
今分かりました。

貴重な情報をありがとうございました。

投稿: ぞの | 2008年3月14日 (金) 01時22分

まず、
「私は煽りが嫌いです」
「私はスパムが嫌いです」
この2点は、常に心がけていることです。
自分の文章が「煽りになっていないか?」、「スパムのように感じられていないか?」。
これが怖くて、自分のメルマガを現在休刊中です。
私は自分のポリシーでメルマガに「アフィリエイトURLは絶対貼らない」と決めていました。
そして、いい商材があれば、商材名を紹介して自分で検索してもらうようにしていました。
そうしたら、数少ない読者の方から、
「綺麗ごとはいいですよ。商材名紹介するだけでも報酬貰っているんじゃないですか?」との、メールが来たのです。
私は、ものすごいショックを受けました。
「アフィリエイトは他でする。このメルマガではアフィリエイトはしないで、読者の方にいい情報だけお教えしよう」と考えていたからです。
私は上記のメール一文で、メルマガを休刊にしました。それほど強烈なショックを受けました。
そして、今日いただいた、伊勢様、村上様のメルマガを読んで、感じました。
「私は独りよがりだった。読者の方に理解してもらっているなんて、自分でうぬぼれていただけだった」と。
今、色々な無料レポートなどを読みながら、本当のメルマガについて勉強しています。
文章の書き方についても、ネットの世界を離れた本で勉強しています。
近々、再開をしたいと思っております。
メルマガも「テスト!テスト!テスト!」、「勉強!勉強!勉強!」で、まだ見ぬ回線の向こう側で繋がっている読者の方のために、そして、自分のためにもクオリティの高いもの、読んで喜んでいただけるものにしたいと考えています。
今回のメール、本当にありがとうございました。

投稿: 畑佐剛実 | 2008年3月14日 (金) 08時06分

愛が答えだと思っていましたが、
理解のほうがより具体的な答えかもしれませんね。
お客様に対してだけではなくて、
従業員や家族、その他自分がかかわる
すべての人たちへの理解が
大きな力を生むというのはよくわかります。
その具体的な方法も、たぶん無限につむぎだすことが
できるのでしょう。たくさんの方法の中から、
誰にでもできる定型的作業に落とし込むことが、
一番のポイントであり、マニュアル化が難しい
部分ですね。
ヒットしているもの、売れているものは、
ここのところがうまくマニュアル化できているように
感じました。
勉強になりました。

投稿: 梅津 | 2008年3月15日 (土) 17時25分

ありがとうございます。本当にためになりました。これからアフィリに生かして行きたいと思います。今後の命題を楽しみにしています。

投稿: 水野 | 2008年3月16日 (日) 17時54分

表現の方法は山のようにあるとは思いますが「理解する」という言葉は一番シックリ来ますね。

人は100%相手の気持ちを「理解する」ことなんか永久に出来ません。

自分は自分であって他の人に成り切る事なんか絶対に出来ない別個の存在として生きています。

その事を、人は頭で分析できなくても心で本能として感じ知っています。

だから少しでも近づこうと試みてくれる熱意と情熱が心に触れる時、相手の人を近くに感じるのでしょう。

心に近くに感じる時、平安(安心)を感じ

心に平安を感じる時、幸せを感じる。


人は、幸せになるためにこの世に生まれて来ました。

だから幸せを感じさせてくれる人、物、事の近くにいつでもいたいですし、独占したくなるのです。

そして近づくためには、「理解する」という行為なくして幸せを感じることなんか出来ません。

ほんの少し関係が縮まっただけでも「100%理解してくれた」と感じる時ってありますよね。

だから「理解する」という表現が一番シックリくる答えだと理解しました。

投稿: 響 修二 | 2008年3月20日 (木) 09時54分

大変参考になりました。

「解ってあげること。」

確かに、人付き合いにおいて
一番大事にしなければいけない部分ですね。

投稿: 上白石 | 2008年3月21日 (金) 09時14分

相手のことを理解してあげる。
分かっていそうだったことで、でも言われて
やっと気付いたようなこと・・。
とても深いですね。
しかし思いましたのが、リアルの場合、相手と
どれくらいの親交なのかにもよりそうですね。
なんでもかんでも相手の言ったことに対して
いかにも理解してあげてる的なことを発して
いいのか・・。

ちょっと幼稚な発言になってしまいましたね・・。

これはちょっとずつ実践で学びつつ、自分自身も
それなりに人間が出来ていないと難しそうですね。

でもとても今回勉強になりました!

投稿: 宮崎 | 2008年3月21日 (金) 10時40分

人間関係の極意は「being」に注目することと教わったことがあります。多くの人は「doing」ばかりを注目するから。

それに通じるものがありますね。

投稿: ひかる | 2008年3月21日 (金) 12時16分

伊勢さん。

答えは「理解」でしたか、なるほど。

セールスにしても、

お客さんは何をほしいのか、価値観を聞いたりしますよね、そして、その解決策になる商品をすすめます。

まずは「理解」が最初ですよね。

コーチングにしても、

まずは傾聴を習いますし、重要なスキルですよね。

これも「理解」が最初に来てますよね。

NLPなんかのコミュニケーションツールでも、

自分のことを話すんじゃなくて、まずはとにかく聞くことを良く教わります。

これも「理解」が最初に来てますよね。


こう考えてみると、自分のまわりにあるものは、

すべて「理解」から始めればいいんじゃないかな?

と思えました。

まだ実感はわいていませんが、行動にうつしたら

間違いなく自分は変わる。

と思っています。

ありがとうございました。

今年1番の気付きをいただきました。

「理解」ですね。

投稿: 野寺 誠 | 2008年3月21日 (金) 12時28分

伊勢さんたちは凄いですね。
仰るとおりです。
誰かが「マーケティングは愛だ」って言っていましたがそのとおりだと思います。
ぜひ、続きを教えて下さい。
私のことを友達だと言っていただいてうれしいです。
ありがとうございます。
心から感謝いたします。

投稿: wins柏木 | 2008年3月21日 (金) 12時40分

今日のメールの内容に感動しました。

感謝をこめて「ありがとうございます」

投稿: ヒメカワ | 2008年3月22日 (土) 17時39分

「理解する。」

そのとおりだと思いました!!

私はレターを見るとき…

「○○をやったがだめだった」

「○○もやってみたがだめだった」

などど私の今までの失敗をわかってくれた瞬間に感情が動きます。

投稿: 山田孝則 | 2008年3月22日 (土) 20時49分

6つの質問の答えは腑に落ちました。有り難うございました。
さて、次のフェイズの疑問が浮かびました。
「理解して伝えること」と
「理解して伝えてコントロールすること」とは
違うのでしょうか。
わかりあえた後にモノを売る大事な目的があります。
それは、特に不特定多数を相手にする場合には、
「支配」とどう違うのか、
「マインドコントロール」とどう違うのか、
より似て非なる、より大きな疑問が浮かびました。

投稿: まっつん | 2008年3月23日 (日) 02時32分

成程!
分かってもらうこと、分かってあげること。
お互いが常にこの関係を作っているわけですね。
そう思うと、相手によっては
分かってなんかあげるもんか
という
潜在意識が自分の中に働いていることがあります。
それは、自分の中の嫌な部分を見ることなのですが・・・
 
知識としては、このことばを知ってはいましたが、
今、改めて、自分の中で目が覚めました。
今から、家族の中で早速意識してみます。

許容して受け入れること。
相手を理解することに焦点を当てること
自分の理解している内容を
相手に伝えること。
さらに理解を深めること。
面白い、ますます人とのコミュニケーションが
楽しくなりそう。

学びをありがとうございました。

投稿: nitino | 2008年3月23日 (日) 21時11分

相手を理解して受け入れること。
とても大切なことですね。

どうしても、売り込まんとする気持ちが
前に前に出るのでしょうが、
まずは、相手を受け入れることからですね。

ありがとうございました。

投稿: Chelsea | 2008年3月25日 (火) 12時56分

相手からどんなに「あなたのことを大切に思ってる」と言われても、自分の気持ちを分かってくれていないと感じると、その言葉を疑いたくなってしまいます。

自分でも「嫌なヤツだなぁ。大人気ないなぁ」と頭では思うのですが、なんかこう、感情はやっぱりムカムカしたりイライラしたりするんですよね。

かといって相手にその感情をぶつけてうまくいくはずもないと思うし。。。

結局、耐えられなくなって「もういい!」って感じで決裂してしまうんですね。

感情っていうのは、持ってないとつまらないものだけど、こんなときは邪魔だなぁとつくづく思います。

投稿: | 2008年3月26日 (水) 10時49分

伊勢さま

本当に胸の奥に熱いものを感じさせて頂きました。
私は『愛』だとおもっていました。
分かってもらえること・理解してあげること・・
そうですね。『愛』だけでは抽象的すぎますね。
かってな押し付けの愛もあるだろうし・・・・
いがんだ愛もあるかもしれない・・・・
相手を理解したうえでの『愛』でなくてはだめですね。『愛』しているのに・・・という言葉も
生まれてくるということが今、思い出されました。
気づかせていただき本当にありがとうございました。
これでまた前進させていただけたと思います。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
               射手矢 利枝子

投稿: i射手矢 利枝子 | 2008年3月26日 (水) 12時57分

痛いほど理解できる話でした。
なにせ、今日は上司と大バトルして、イラついて帰ってきましたもので。
上司はわかってくれない。私も上司のことなんてわかろうとしない。
しかし自分の方がもうちょっと上手くやってたら、自分の仕事を押し通すことが出来たかも?
それに私自身もまもなく、初めて部下を持つ立場になるんです。
不安でしたが、私にもできること、ありますよね。

投稿: 都築 | 2008年3月27日 (木) 21時01分

読んでいて少し涙ぐんでしまいました。

相手のことをよく理解しているからこそ、どう言えば相手が傷つくのか、どう言えば相手が喜ぶのかを知っているのですが、自分の気持ちも相手に理解してほしいという気持ちがあると、そのエゴによって相手を傷つけてしまうんじゃないかという恐れが出てきてしまいます。
かと言って適当なこと言うと、結局また後で傷付け合うことになる。

エゴっていうのものを理解しあうのは無理なのかなと虚しくなっています。

投稿: | 2008年3月30日 (日) 09時05分

まさにそのとおりですね。「わかってほしい。ただそれだけなのに」って、凹んでいる私でした。
それがどんなに難しいことなのか、逆の立場になればよ〜くわかります。そして、『伝える』ということ。黙っていてはわかりませんものね。それを言葉で伝えないと。
伝えるためには、やはり相手をよく視なくては。
白紙に描き出すように。
自分のことでいっぱいのうちは相手のこと入ってこない。
グチってるうちはまだまだの私。
目が覚めました、ありがとうございます。

投稿: satoko | 2008年3月31日 (月) 15時02分

『理解』
なるほど・・・ですね。
今までの人生で、これが出来ていればもっと人生も変わっていたかも知れません・・・。
如何に自分中心に生きてきたかですね。反省します・・・(汗)。

他人を理解することは大変難しい事でしょうが、せめて自分に似た人は理解出来るように頑張りたいと思います。

投稿: 河本 | 2008年3月31日 (月) 16時46分

相手(お客様)のことを理解する。
お客様が何を望んでいるのか、何をして欲しいのか、何が欲しいのか徹底的に顧客目線に立たなければ分からない。とても難しいことです。日々実感しています。

投稿: takayama | 2008年4月 1日 (火) 00時20分

理解・・・

非常に大切な言葉ですよね、
しかし、日常の雑多な中で、ほんとうに理解できて
いるのかなと疑問に思うことが多々あります。
理解してあげないといけないとは思いつつ、
そんなことしたら・・・と考えてしまい、自分の
考えを押し付けて、本当に理解してあげられない。

簡単そうで、とっても難しい。非常に考えさせられる
内容ですね。

投稿: こぉ | 2008年4月 1日 (火) 09時51分

奥が深いです。

どうやったら相手のことを分かることができるのか?
どうやったら伝えることができるのか?

やっていたらだんだんわかってくるのかな。
とにかくやってみよう。

投稿: かっちゃん | 2008年4月 3日 (木) 13時59分

理解・・・ですか・・・

正直、ちょっとがっかりしました。
やはり共通のキーワードを考えれば
よかったと言う事ですね・・

正反対のニュアンスを含む質問の
答えを矛盾なく一つの言葉で表す事
に拘り、一晩考えたのが馬鹿みたい
です。

でも言わんとするところは理解でき
ますし、全くその通りだと思います。
今後のライティングに生かしていき
たいと思います。

ありがとうございました。

投稿: 森本 | 2008年5月 3日 (土) 18時37分

コメントが遅れてすいませんでした。メールを見るのが遅れました。 伊勢さんの「わかってあげること」というを聞いて改めて肝に銘じました。
今までは、女の子の話を聞いているのですが、わかった風に聞いていて、本当にわかってあげようとは聞いていませんでした。だから、相手にも伝わっていないんでしょうね。きっと。
いつも勉強になります。

投稿: 野村 | 2008年6月 2日 (月) 01時51分

こんばんは、赤川です。

とても勉強になりました。
私は、インターネットビジネスで成功を手に入れたい
そんなふうに強く思っていますが、
今は何もない状況です。

インターネットビジネスは、何か特別なもので、
それには、特別なテクニックが必要なのかと
思っていました。

でも今回のこの6つの質問において
いろいろな事を考えるきっかけにもなりました。


伊勢様から頂いたメールで、インターネットビジネスも
リアルビジネスと何ら変わりがないという事が
わかりました。


「お客さんのつらさや苦しみや悩みを理解していることを
きちんと伝えていますか?」

こう問い掛けられたときに、インターネットビジネスも
ごく普通に、お客様の事をよく理解し、それを伝える。

それでいいのだと思いました。
特別なテクニックが重要ではなく、自分自身をありのまま
伝えることができれば良いのだと、理解できました。

ありがとうございました。


投稿: 赤川 | 2008年6月10日 (火) 22時10分

理解してるつもりなんだけどな~って事、

よくありますね。


とくにこの6つの質問は恋人や友人や子供や

自分自身と身近な存在ばかりでしたね。

案外、理解していると思い込んでいる事が

多いのかもしれません。


ひょっとすると 一番身近な自分自身を自分が

理解出来ていないかも知れませんね。


そのせいで失敗を恐れたりするのでしょうか?

孤独を怖がるのでしょうか?


逆に人に理解されたと感じた時は、本当に

うれしくて、その人に何でもしてあげたく

なりますね!


理解された時のうれしさを忘れずに行動してい

けば、本当に分かち合えるようになるのでは

ないかと感じました。

ありがとうございました。

投稿: 大江 | 2008年6月11日 (水) 00時51分

答えが、理解・・・。

そうですね。どの問いに対しても

明確な答えだと思いました。

人の気持ちを理解するのは場合によっては

難しい時もあるとは思いますが、そんな時でも

自分に対しても理解してもらえた時は

一際嬉しいものですよね。

投稿: ganchan | 2008年6月29日 (日) 20時41分

伊勢さん、ありがとうございます。
まだまだ、お客さんのことを理解しようとしていなかったことを知らされました。

相手を人間として理解することがセールスの一歩だということ、なんだか嬉しいことに気付かせられた気がします。

明日のメールも楽しみにしています。

投稿: 岩田 | 2008年8月 6日 (水) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月1日マーケティングセミナー | トップページ | バリセミナー、無事終了しました »