« 帰れるのか? | トップページ | セクハラ上司を黙らせる「痴漢撃退法」 »

村上さんが成功した理由

今日は村上さんと初仕事でした。

村上さんから提案があります。

|

« 帰れるのか? | トップページ | セクハラ上司を黙らせる「痴漢撃退法」 »

コメント

村上さんありがとうございました。
早速久々のメルマガ出しました。
アウトプットが非常に少ないのですね。
よくわかります。
こうして感想メールもなかなか
ださないですもの。
これからはどんどん
アウトプットしていきます。

ちなみに、
PCでのアウトプットがなかなかできない
原因の一つに「キー打つの遅いから」
そのストレスもあります。
村上さんはどのようにして
「早打ち」できるようになりました?
おしえてもらえればうれしいです。

投稿: マッキー | 2009年1月14日 (水) 06時50分

村上先生、いつも情報ありがとうございます。

メルマガを書くって宿題。早速やってみました。

人から褒められたこと、自慢したい事、覚えたい事、覚えた事、やっている仕事、やってきた仕事、これだけのテーマがあれば書けますね。

じつは。。。テーマがなかなか決まらない事が多くて、月一しかメルマガを発行していませんでした。今年からは、週一発行しますscissors

さっそく、このブログをみて矢矧先生のお話を参考にメルマガを書いてみました。

これをご覧になった皆様も
よろしかったらご購読いただくと嬉しいです。

http://archive.mag2.com/0000234778/index.html

週一と宣言しちゃったので、出来なかったらクレーム入れて下さいね。pig

こうやって、プレッシャーかけなきゃ・・・・
やらないでしょうから。。

今年は、色々やらかします!
村上先生、今年もよろしくね!


投稿: やまざき | 2009年1月14日 (水) 22時08分

マッキーさん

こうやって、すぐにアウトプットする
マインドセットが素晴らしいです。

人それぞれに成功法則はありますが

10分頭で考えるくらいなら
10分メールを書きながら考えた方が

同じ10分でも得られる結果が違います。


頭だとグチャグチャになりますが
メールや紙だと視覚的にも整理できるので
相乗効果があります。


タイピングですね。
タイピングは、無料のタイピングソフトで
練習した覚えがありますが

基本的には、メールやブログを
毎日書いていたら、いつの間にか早くなった
という感じです。

タイピングが遅い人が間違っているのは
俺は指の速度が遅いと思っているのですが
実は、その前に問題があります。

考えながら書いているから遅いんです。


今回アウトプットに自分が得意な事を書いてくださいと言ったのは、頭で考えなくても
スラスラ書けるような内容でやってもらいたいからです。

そうすると、苦手意識もなくなるし
コピーが楽しいと感じると思います。

脳⇒指

この⇒に、迷いがあると遅くなります。
1ヶ月本当に心の奥底から好きな事を書いていると
イヤでも早くなります。

がんばってください。


村上宗嗣


投稿: むらかみ | 2009年1月15日 (木) 07時04分

山崎さん

さすが上手ですね。

教える部分も惜しまないし
プライベートな事もはいっているし
すごく好きなコピーです。

山崎さんは誠実で良いサービス・商品を
もっているので、もっとコピーを磨いて
最大限に魅力を伝えられるように
していきましょうね。


弱みこそ、超具体的に話す


また、成長プロジェクトの動画でも
お話ししますが、村上コピーの秘密です。


意味を考えてみてください。


村上宗嗣

村上宗嗣

投稿: むらかみ | 2009年1月15日 (木) 07時19分

村上さん

この画像を拝見した直後、
始めてまぐまぐで発行者登録しました。

題名は、
稼げ!3000万円 ― 期間は6ヶ月!
です。

まぐまぐに発行審査があるとは知らず、
勢い込んで、7日分ほどワードでメールを書いてしまいました。

結局、昨日月曜日に承認がおりたので、
再度メールを5日分作り変え、
明日より配信スタートします。
そうです。毎日配信です!

内容が内容だけに、
平さんや伊勢さんや村上さんのお名前や教材が
バンバン出てくると思うので、
是非“サクラ”登録して下さい。

http://www.mag2.com/m/0000281341.html

更に、このブログに感化されて、
ブログも同時配信することにしました。

よろしくお願いしまーす!!!

投稿: 大坪 | 2009年1月20日 (火) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰れるのか? | トップページ | セクハラ上司を黙らせる「痴漢撃退法」 »