« 反応率を2倍にするアメリカの最新ネットマーケティング | トップページ | アメリカで夢を叶えた80歳の老人 »

USPってなに?

なぜ、ドミノピザが潰れそうになってるの?

|

« 反応率を2倍にするアメリカの最新ネットマーケティング | トップページ | アメリカで夢を叶えた80歳の老人 »

コメント

伊勢先生、あけましておめでとうございます。

2.0セミナーでは大変お世話になりました。

なかなか吉報をご報告できなくすみません。

サイトで反応はとれるのですが、なかなか契約に
結びつきません。

そこで先日、パートナーにインタビューを行い
USPを明確にし、広告やサイトにもりこんで
みました。

どんな結果が出るか分かりませんが、
また、ご報告します。


追伸
 いつもビデオレター、楽しみにしています。

投稿: 小島 | 2009年1月 7日 (水) 22時29分

伊勢先生(*゚▽゚)ノ

右、左、右。と腕が辛そうで
気になって仕方がないです(≧m≦)

人間的魅力が最大のUSPになるのですね
( ^ω^)おっおっおっ

PS.

僕が聞きたい事は
伊勢先生の超コアな事です。

人間的な部分の話です。

具体的には一般にマイナス化されている
SEXやお金儲けに対するマインドセットです。

「お金持ちになりたい。。。」

その前にマインドセットです。

罪悪感を持ったまま、
成功できるわけないです。

並行して女性にモテタイので
マインドセットを知りたいです。

ビジネスには関係あると思うのですが、
マーケと関係なくてすみません(*≧m≦*)

投稿: M.O | 2009年1月 7日 (水) 22時36分

伊勢先生

あけましておめでとうございます。

昨年は、大変お世話になりました。
今年も引き続きよろしくお願いします。

さて、年末より色々と考えていたのですが。

昨年一年、平さんに始まって色々な方の教材やセミナーで勉強してきましたが、一つ気付いた点があります。、と同時にお願いになります。

最終ターゲットが億万長者であれ、今現在の自分のポジションを考えたとき、全員が億万長者を目指しているとは限らないと思います。まずは、月々の収入を小額でも確実なものにして、ステップを踏みながら高みを目指していくのが順序だと思うのです。と、同様に、人には得意不得意があります。コピーを書いたり説明をしたりは苦手でも、サイトのデザインをしたり、数字を計算したり、画面に向かっているのは得意な人。逆に、文章を書くのは得意で、それだけで収入を考えたい人。オンラインマーケットの得意な人、オフの得意な人。

なのに、大体のセミナーや教材は、全体を説明することに終始しているように思うのです。
前に成長プロジェクトでおっしゃっていた気がしますが、学んだ事を確実にお金に変えていく道筋、その人にあった稼ぎ方、他の人との組み合わせによって一つのマーケティングを作り上げていく中心のような方法を模索することはできないのでしょうか。

THHPを作ろうと思われたきっかけがまさに私の言いたいところのことです。
きっと、知識だけが増え続け、やたらとこなしてしまえるいわゆる器用貧乏の私のように、自分の得意なことに特化できずに稼げていない人は少なくないのではと思います。コンサルや運営側の方にはいいお客だと思いますが、結果が出せないでいるうちは、本当の意味でのいいお客とは言えないと思うのです。

いかがでしょうか。言わんとすることはおわかりいただけましたか?

新年早々すいません。

投稿: 大坪 | 2009年1月 8日 (木) 14時20分

伊勢先生


いつも動画をありがとうございます。

今、クライアント様のチラシを制作しており、
USPについて考えていました。

マスで考えると成熟市場なのですが、エリアで細分化すると
USPは作れると思いました。

USP=オンリーワン

「なるほど」

感動いたしました。


消費者が直観的にわかるUSPを考えて
来週チラシの提案を行います。

ちょうどピンポイントでありがたかったです。


何かUSPを導き出す具体的なツールがあれば
是非教えてください。


いつもありがとうございます。

投稿: 原 隆博 | 2009年1月 8日 (木) 21時38分

原さん、チラシですが、一番大事になるのはオファーになると思います。オファー=魅力的な提案というかオファー=断ったらアホだと思わせるくらい強烈な提案、とも言えます。

オファーは本当に色々あるのですが、オファーを導く一つの考え方に「オファーとは大きな意味でいうと、お客さまとの約束である」というものがあります。どこまで、腹を決めて約束できるかというのは非常に重要です。

USPとオファーを突き詰めていくのは本当に重要です。その上で・・・。

突き詰めたら、絶対に忘れてはいけないのは、共感の部分です。どうしてもUSPやオファーで押しすぎるとマッチョな内容になります。

最強のUSP、最強のオファーができたうえで、そこに「理解」や「共感」が入ると、すごい反応が上がると思います。がんばってくださいね!

投稿: 伊勢 | 2009年1月 9日 (金) 17時41分

伊勢先生


ありがとうございます。

今日、秋田から戻ってきました。
明日からチラシのサムネイルを作成するのですが、
その前にオファーについて考えていきます。


最近思っている方向に進んできています。

伊勢先生のマインドセットの話を聞いて
体に浸透させています。


モチベーションを保つマインドセットについて
いつかお聞かせくだされば幸いです。


いつもありがとうございます。


オンライン・オフラインでスキルを向上できる。

そんな環境で毎日が楽しいです!


今週は岩手・福島に飛んできます。


先生にお会いできる日を待ち遠しく思っております。

投稿: 原 隆博 | 2009年1月10日 (土) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反応率を2倍にするアメリカの最新ネットマーケティング | トップページ | アメリカで夢を叶えた80歳の老人 »