« メルマガで日本一 | トップページ | 究極に魅力的な男になるスキル »

●●イノベーションのウソ

ビジネスとは何か?

と聞かれたときに、ある著名な人がこういったそうです。

「ビジネスとは、マーケティングとイノベーションである・・・」

分かるような、分からないような表現だと思います。

マーケティングというのは、分かるのですが、イノベーションがよく分からないと思います。

では、イノベーションとは何でしょうか?

サラリーマンから起業をして、失敗してしまう一番の理由が、この
イノベーションを間違った解釈をしてしまうことにあると思います。


イノベーションを「革新」とか、「画期的」とか、「今までにない」とか、

そいういう意味で取り違えて、ビジネスを初めてしまうと大変なことになります。

では、イノベーションとは一体何か?起業をするときに、なぜ、
これを知っておかなくてはならないのか?

その秘密について、今回はお話します。

・・・・・・・・・・・・

ビジネスとは「マーケティングとイノベーションである」という言葉には何となく
なっとくできると思います。

確かに、マーケティング(見込み客を集めること)とイノベーションがあれば、
シンプルに考えて、うまくいくように思います。

しかし、多くの人は、イノベーションの意味を間違えてしまって、躓いてしまいます。

「どうして、こんなに画期的な商品で、こんなに新しいデザインで、こんなに誰もやっ
ていなくて、差別化できているのに、オレのビジネスはうまくいかないんだ!」

という悩みをもっている起業家は、驚くほど多いですし、特に用意周到に、
起業をする人や、新規ビジネスをする人ほどそういう悩みをもっています。

資本金をしっかりと貯めて、自分が納得できるビジネスを見つけて、
満を持してスタートして人ほど、この罠に陥りやすい傾向があるように思います。

革新、画期的、新しい、こういう言葉は罠だと思ってください。

これからは、「イノベーション=お客さんが今まで満たされなかった
欲求を満たされること」と考えるようにしてください。

そして、「イノベーション=お客さんが今まで満たされな
かった欲求を満たされること」いうのを徹底的にアイデアを出すときに、

刻み込む必要があります。

もう分かってもらえたと思いますが、つまり、
イノベーション=画期的な新しいことではない、ということです。

新しいだけで、お客さんの満たされていない欲求を満たしていないものは、
イノベーションではないし、そこには何の価値もありません。

しかし、多くの人は、自分のビジネスを差別化したいので、
新しいこと、画期的なこと、誰もやっていないことをすればいいと思ってしまいます。

私たちは、ついつい新しいことばかりを重要視してしまいます。

すぐに「このホームページのデザインは、新しい!画期的だ!」

「動画を使ったコンテンツは誰も出していないから、画期的だ、新しい!
イノベーションだ!」

となってしまうのです。

しかし、新しいだけで、お客さんの今まで満たされていない欲を
満たしていないものは、ただのジコマンです。

ジコマンほど、ビジネスをしていて恥ずかしいことはないと思うのですが
私も、ついつい「動画が入っていていいホームページだ」とか、
ジコマンに陥ってしまうのでかなり注意をしています。

なので、これからビジネスを立ち上げる人は、本気で覚えておいて欲しいのですが、
必ずしも新しいことをやる必要はないということです。

デザインに凝ることも、会社の勤務形態に凝ることも、
画期的なパッケージにすることもない、ということです。

もし、それらの取り組みがお客さんの今まで満たされていなかった欲求を満たすことに
役立っていないとしたら、
それは、ただのジコマンであり、お金と時間の
無駄遣いなのです。ムダです。

ムダなことをしていても、まったく意味がないですし、マイナスです。

では、エクササイズです。

このエクササイズをすることで、自己満足のためにビジネスをして
失敗してしまう恥ずかしい自体を避けることができます。

そして無駄なお金と時間を使わずにすむので、今すぐ取り組んでみてください。

----------------------------------------------------------------------------
ステップ1 今あなたが取り組んでいるマーケティング、セールス、オファー、
コピーの要素、商品、社内の取り組みなどで、新しいもの他とは違うものを
すべて書き出す

----------------------------------------------------------------------------
10分間を使って

・マーケティング
・セールス
・オファー(無料サンプル)
・コピーの要素
・商品の中身、パッケージ、フォロー
・社内システム

の部分で、他社とは違うと思う部分、新しいと思われる取り組みを
すべて書き出してください。

----------------------------------------------------------------------------
ステップ2 ステップ1で書き出したものが、「お客さんの満たされていない欲を
満たすために
どんな点で役立っているか?」を考えて、ひとつひとつ書き出して
いってください。

----------------------------------------------------------------------------

5分間を使って、その新しさが、お客さんのどのような満たされていない欲を
満たしているのか?

を考えることで、それが本当に必要なのかが、分かります。

そして、それを書き出すことによって、コピーの質が高まります。

----------------------------------------------------------------------------
ステップ3 その新しい取り組みにかかる、時間、コスト、煩わしさなどを踏まえて、
本当に
それが、お客さんの欲を満たすために必要なものか?
そして今それをやる必要があるのか?を
精査していってください。
----------------------------------------------------------------------------

このステップで、今やるべきことなのか、どうかを選択してください。

----------------------------------------------------------------------------
ステップ4 残ったものをさらに「お客さんが今まで満たされなかった欲求を満たすこと」が
できるように、進化させる方法がないか、を10分間考えてください
----------------------------------------------------------------------------

お金、気力、体力、時間、社員のリソースを残ったものにすべて集中させた結果、
もっと、次元を超えて、お客さんが今まで満たされなかった欲求を満たすことが
できないかを真剣に考えて見てください。

選択と集中をすることで、本当の意味でライバルが太刀打ちできない
お客さまが喜ぶものを生み出すことができます。

10分間で、必ず1つは画期的なアイデアが出てくるはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

このエクササイズは、3ヶ月に1度は、会社が自己満足の方向に
走っていないかを確かめる上でも、やることをお薦めします。

特に、新しいビジネスを始めるときは、多くの人は新しいこと「だけ」に
こだわってしまう傾向があります。

そして、失敗をしたくないという恐怖から、新しすぎて誰もお客さんが
求めていないものをつくってしまう傾向があります。

全体のコンセプトだけではなく、細かいオファーや、ホームページ、
サービスなどのディテールで方向性がブレていないかを確かめる必要があります。

経営者は常に、社員に対して「それは、お客さんのどんな満たされていない欲求を
満たすものなの?」

と言うべきですし、デザイナーや広告やに対しても同じ質問を投げかけ続ける
必要があります。

同じお金、エネルギー、体力、時間という資源を、どう使うかでビジネスが
うまくいくかどうかは決まります。

このエクササイズをやることで、あなたは今まで気づかなかった、生み出すことが
できなかった本当のUSPを作り出すことができる可能性があります。

一度で、できなくても感覚をつかむことで、2度目、3度目では、何かしらの
手応えがあるはずです。

たったの15分や20分の時間です。

忙しいとは思いますし、頭を使うのは本当に疲れて、大変ですが、
本気でビジネスで成功をしたいと思うなら、やる価値はあると思います。

もし、このエクササイズをしなければ、今まで読んできた時間すら無駄になって
しまいます。

本当に、真剣に起業をしたい、成功をしたいと望むのであれば、完璧でなくていいので、
ステップ1やステップ2を少しの時間だけでもとって、考えて見て欲しいと思います。

それで、信じられないような結果を得ることができるかもしれないからです。

3ヶ月後、やるとやらないでは、収入で2倍から3倍の差が出てくると思います。

今すぐにやることは、ステップ1をやるために紙とペンを10秒で用意することです。

そして、10分間にストップウオッチをセットして、ない場合は時計を見て
ステップ1をすぐに初めてください。あっという間に終わってしまうはずです。

あなたのビジネスに本当のイノベーションが起こることを心から
楽しみにしています。

ぜひ、結果が出たら教えてください。

伊勢隆一郎

|

« メルマガで日本一 | トップページ | 究極に魅力的な男になるスキル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メルマガで日本一 | トップページ | 究極に魅力的な男になるスキル »