« 目標は紙に書くべきか? | トップページ | 20代にすべき“12”のこと »

伊勢隆一郎-インド人に教わりました。

英語がなかなかできるようになりません。

その理由についてお話をしたいと

思うのですが、、、

今からお話することはビジネスでも恋愛でも

何にでも役立つ話だと思います。

何かに取り組んでもうまくいかない、

何かを習得しようとしてもうまくいかない、、

という悩みは誰にでもあると思うのですが

どうしたらできるのかをインド人のハリーさんが

教えてくれました。

先週までインドに行っていたのですが

旅の間中、アテンドをしてくれたのがハリーさんです。

あれは確か、アグラに行くバスの中だったと

思うのですが、日本語を巧に操るハリーさんに

こんな質問をしてみました。

「ハリーさんは、どうやって外国語である日本語を

マスターしたのですか?

日本語を勉強していても、話せるようになる人

全然できるようにならない人がいると思うのですが

なぜ、ハリーさんは話せるようになったのですか?

何か、コツやノウハウのようなものはあるのですか?

私は英語ができないので、ぜひ、参考にしたい」

というような質問をしました。

私は情報コンテンツを作成するのが得意なのでつい、
何かをマスターした人を見るとそういう質問をしてしまいます。

職業病のようなものです。

「ハリー式、日本語学習法」という文字が頭の

中に浮かびました。

しかし、

ハリーさんは、きょとんとした顔をして

「えっ」と言ったきり、何も答えてくれません。

「う~ん」と考え込みますが

中々答えがでてきません。

なので、私は日本語が通じていないのかと

思い、再度質問をしました。

しかし、ハリーさんは何も答えてくれません。

いつもすぐに即答してくれるハリーさんにしては

珍しいことです。

どうしたのかな?と思っていると

やっとハリーさんがぽつぽつと話をし始めました。

「私たちは、新しいことを学ばないと、生きていけないんです」

今度は、私が「えっ」と思いました。

予想していた答えと全く違うもので

うまく理解できなかったのです。

「新しいことを学ばないと生きていけない??」

そして、ハリーさんは続けました。

「だから一生懸命、必死に勉強します。」

「インドは人口が多いから、ライバルも多いし
新しいことを学んでいかないと

お金も稼げないし、家族も養えないです」

がーん、

と、頭を殴られたようでした。

そうです、

何かをマスターするために必要なのは

テクニックではありません。

ノウハウでもありません。

「必死さ」

こそが9割を決めるとハリーさんの言葉で

改めて気づかされました。

小手先のテクニックを聞き出そうとした

自分が少し恥ずかしくなりました。

聞くべきは、

「ハリーさんはどうして語学の勉強をがんばれるのですか?」

ということでした。

おそらく、

英語をマスターするのに、どの本や教材を使ったとしても

多少マスターするまでにかかる時間に差があっても

どの本でも教材でも必死にやれば少しずつマスターできる

はずです。

結局は、そういうことだと思いました。

日本は、あまり必死にならなくても生きていける環境だと

思います。

だから、大切なことを忘れてしまいがちです。

貪欲に新しいことを学び、必死にがんばる

これを大切にしようと思いました。

必死にかなうものはない、と思います。

今日も必死に、がんばりましょう。

伊勢隆一郎
















|

« 目標は紙に書くべきか? | トップページ | 20代にすべき“12”のこと »

コメント

必死さ・・・

僕にもまだまだ足りないと痛感しました。

日本人に生まれたことに誇りはありますが、インド人のように努力しないといけない環境を見習って日々精進していかなければいけないと感じました。

投稿: ken | 2012年2月10日 (金) 18時28分

ハリーさんに比べたら、自分なんてとても、怠けてる(゜∀゜;

ふざけてるにも思える(」゜□゜)

もっと本気にならなければ護れるものを護れない(」゜□゜)」


もっと本気にならなければ!

投稿: | 2012年5月22日 (火) 03時53分

If you are in a not good position and have got no cash to go out from that, you will require to receive the home loans. Just because it would help you for sure. I get commercial loan every single year and feel myself great just because of this.

投稿: LIZZIECOLLIER20 | 2012年5月27日 (日) 20時01分

One admits that today's life is very expensive, but different people require cash for various stuff and not every man earns big sums cash. So to receive some loans or just term loan will be a correct way out.

投稿: LeblancDARCY21 | 2012年5月27日 (日) 20時01分

I propose not to hold back until you earn enough cash to order all you need! You should just take the personal loans or secured loan and feel yourself fine

投稿: LeachLYDIA18 | 2012年5月27日 (日) 20時02分

All people deserve wealthy life time and home loans or just college loan can make it much better. Just because people's freedom bases on money state.

投稿: LenorePATTERSON | 2012年5月27日 (日) 20時03分

必死さ。 学ばねばなりませんね。
あと、伊勢さん。
自分事なのですが、伊勢さんと村上さんのビデオ、2億円を稼ぐスケジュール、を見てみたんですが、スムーズにながれなくて。。
それで、自分事のお願いなんですがよろしければ、YouTubeにのせてもらえると見れると思うのでよろしくできないでしょうか? すみません。勝手で。。

投稿: 矢内 | 2012年6月11日 (月) 16時33分

いつもお世話になります。

伊勢さん

不二子不二まん
ともうします。

必死さですね。
さすが

伊勢さんすごい
役に立つ

記事ですね。

日本も
この必死さが
ないと

人口も多くなり
経済的にも

誰も
守ってくれないので

インドと
少し似てるな

とおもいました。

すごくやる気の
出る
記事を
ありがとうございます。


投稿: 不二子不二まん | 2012年10月19日 (金) 12時07分

ハリーインド、我々が知ることができるが、すべてのものはかなり真実であるとの情報の多くの異なるソースで見つけることができます。

投稿: friv 3 | 2014年5月23日 (金) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目標は紙に書くべきか? | トップページ | 20代にすべき“12”のこと »