体を鍛える

ここ数週間熱中していることがある。

体を鍛えること、だ。

トータルワークアウトというジムにいってかなり本格的にトレーニングをしているんだけど、思うに、体を鍛えているというより、心を鍛えているという感じだ。

まず、人生最大の快楽である食を断った。

断ったわけでは、ないんですが、食べているのは、プロテイン、ささみ、マグロの赤身、海草、など、たんぱく質オンリーの淡白なものばかり。なぜ、淡白な人のことをたんぱくというのか、よく分かりました。

そして、人生最大の快楽その2である酒を断った。

これは、かなりつらいです。健康診断で肝臓の数値が悪かったので、ちょうどいいやと無理矢理自分を納得させて我慢しています。

トレーニングは専属トレーナーさんがつきっきりで、ウエイトトレーニングをしてくれるんですが、基本的にどSの人が多いです(笑)

なので、毎日筋肉痛です。でも、それは丁度いいです。

今月は、わけあって、英語はお休みして、この肉体改造とパブリックスピーキングのスキルアップのみに時間をつかっています。

本当に幸せだなと思うのは、やりたいことがあったら、最高級の人にお金を払うことができて、そしてそれに集中できる時間をとれることだな、とつくづく思います。

| | コメント (3)

実践報告4 テストのやり方

「伊勢さん、本当のこと分かってないんじゃないの?・・・」

と、ある方に、言われました。

なぜ、そんなことを言われたかというと、
TwoHoursHomepageの効果的な使い方を、知らなかったからです。

やはり、毎日使ってくださっている
皆さんの方が、便利な使い方をされていると、気づかされました。

その内容ですが、広島県にお住まいの財津さんという方に
教わりました。

----------------------------
※財津さんからのメールです

■集客方法について

決済サービスとして、インフォカート、インフォストアが
あると思いますが、私が少し感じたのは、
ブログと同じで、ユーザーはそれぞれあまり重複して
いないのではないか?と、ということでした。

そこで、インフォカートとインフォストア両方に
登録するために2つのページを
TwoHoursHomepageで作りました。

便利なのは、セールスレターは少し、変えましたが、
ほぼそっくりそのままで、経費をかけずに
2つの決済ページを持つ、ことが出来るということです。

決済サイトを集客としても考えていくとこうなりました。

■テストについて

テストですが、これを非常に気軽に行えることが
THHPを使っていて、一番実感しています。

たとえば、メルマガ広告を出すときに、
 
 http://www.ikiikisales.com/
こちらは、2,000部までのメルマガ。広告費 15、000円。

 http://www.ikiikisales.com/store
こっちは、30,000部のメルマガ。広告費  70,000円。

と2つのページでテストをしました。

従来はHPを業者へ頼み、今自分が作ったサイトクラスでも、
一件50,000円程度払っていましたので、
こんな贅沢なテストはできなかったのですが、
上の2つの広告を全く同じ日の同じ時間帯で出しました。

「イセ:ホームページ制作費を広告費にあててテストできると
いうことですね!」

圧倒的に、30000部が勝つと思っていたところ、
まったくの桁違いで、2000部メルマガの
広告での売上が多かったのです。

1000から2000までの読者のメルマガが本当に、
そのメルマガを読んでいる、ということが今回のテストで
わかりました。

このことがわかっただけで、THHPを利用していて
価値があるなと感じました。

広告としては、10,000部以上のメルマガは、
少し危険だとわかりました。

■ドメイン1つで17商品を販売可能

おそらく、ほとんどのTHHPユーザーの方には、
20ページ制作が可能、という意識は無いと思います。

一つのドメインでで20個の商品販売もが可能ではないかとも思います。
(決済ページの問題はありますが、当面、代引きだけだと、すぐに可能ではあります)

「イセ:TwoHoursHomepageの場合、それぞれのページはリンクされないので
20個のページをつくればそれぞれ独立したサイトとして関連のない商品を
売ることも可能です。」

■どれくらいでできるのか?

実は、昨日、会社の会議でセミナー開催が決まったのです。
そして、今、サイトが完成しました。

こんなスピードは従来では、不可能だったのです。
しかも、時事上、制作費は0円。

それがこのサイトです。

  http://www.ikiikisales.com/book/

今、私が気をつけているのは、このTHHPの特性を使ってしまって
儲けのないサイトを乱立することのないように、ということです。

本当にいいシステムに出会うことが出来ました。
「イセ:こちらこそ使ってくれてありがとうございます!」

----------------------------

みなさんも、ぜひたくさんのページを作って
活用してください。

財津さん、本当に良い情報をありがとうございます。

TwoHoursHomepageはいくら作っても、直しても
お金が追加でかからないので、気楽な気持ちで
とりあえずつくってみるのがいいと思います。

とはいえ、
「そうはいっても、商材が・・・・」
という方はたくさんいらっしゃると思います。

そこで、商材の見つけ方、探し方について
何か良い情報をお伝えできればと思っています。

商材のことで悩んでいる方は、ぜひ、ブログにでも
悩みを書き込んでください。

宜しくお願いします。

それでは。

伊勢隆一郎

| | コメント (3)

実践報告3 キャッチコピーの決め方

こんにちは、伊勢です。

まず、たくさんの報告ありがとうございます!

正直、コメントしようがないくらいレベルの高いものが
多くて、困っています・・・。

なかなかお返事できていませんが、今整理しているので、
しばらくお待ちください。

さて、今日は、NY日記で有名な望月さんのサイトです。
望月さんは、和菓子屋さんをやる傍ら、新たな商品を開発し
販売しています。

その、新製品とは?・・・。

-----------------------
■望月さんへのアドバイス
------------------------

http://www.mochizukitomoharu.com/mainasu_suiso_ion.html 

こちらが望月さんのサイトです。

直す前のサイトを私の方でとっておくのを忘れましたので
比較できないませんが、ご覧ください。

私の方では、次のようなアドバイスをしました。

---------------------------------
キャッチに持ってくるのは・・・
---------------------------------

キャッチコピーは、とにかく「おっ!」とか
「マジで!」とか、読む人に驚きと興奮を
巻き起こす必要があります。

そこで、日本橋三越を持ってくることを
提案しました。

例えば、

最初に、

---------------------------------
1.キャッチ
---------------------------------

「日本橋三越が認めた
365日毎晩ビールを飲んでも・・・」

というのを持ってきます。

---------------------------------
2.サブキャッチ
---------------------------------、
次に、

「なぜ、あの三越、高島屋の辛口バイヤーがこのサプリメントを
販売させてくれといったのか?その秘密は・・・」

というのを持ってきます。

---------------------------------
3.リード
---------------------------------
次に、

百貨店というのは、信用第一の商売です。
絶対に間違いをしたくないのです。
その百貨店の中でも老舗中の老舗である日本橋三越百貨店が
なぜ、静岡の小さな和菓子やである私が開発したサプリメント売ることになった
のか?

それは、事件がきっかけだったのです・・・

うんぬんかんぬん・・・

---------------------------------

このようにすることで、かなり興味深くなると
思いました。

ところで・・・。

集客できなくて困っている方は、販売してくれる
アフィリエイターを探すのもひとつの手段です。

アフィリエイターはどのように探していますか?

もしまだ、やっていない人は次のような方法で
やってみるといいと臣ます。

---------------------------------------------------
1.インフォカートやインフォストアで売れている
  同じジャンルのライバル商品を探す
---------------------------------------------------
 ・インフォカート
  http://www.infocart.jp/down/ranking_more.php

 ・インフォストア
  http://infostore.jp/ 

--------------------------------------------------
2.グーグルでライバル商品をリンクしている
  アフィリエイトサイトを探す
---------------------------------------------------
http://www.google.co.jp/advanced_search?hl=ja

 このサイトの一番したにあるリンクページという
 枠の中にライバルサイトのURLを入れます

 そうすると、リンクされているサイトが分かります
 (グーグルが分かっているものだけなので、全てではありません)

--------------------------------------------------
3.出てきたサイトのなかで、売れていそうな
  アフィリエイトサイトを探す
---------------------------------------------------

売れていそうなアフィリエイトサイトを探す方法は、

1.目でみる

2.評判を調べる

3.アレクサを使ってみる
  http://www.alexa.com/ これのtraffic ranking
  に気になるURLを入れると世界で何番目くらいのアクセス
  があるかわかります

--------------------------------------------------
4.良いアフィリエイターが見つかったら手紙を書く
---------------------------------------------------

目一杯、心を込めて、丁寧に挨拶をし、

・この商品がどれくらい売れているのか(転換率など)
・この商品はライバル商品とどこが違うから売れているのか?
・商品クオリティーについて
・その他不安に思うところ、メリットを感じるところ

を分かりやすく説明します

---------------------------------------------------

このような方法でやってみるといいと思います。

また、もっと良い方法があったら、ぜひ、
こちらのブログにコメントをもらえるとうれしいです。

その他、今知りたいこと、悩んでいることも
ブログにコメントしてもらえたら、今後の参考にします。

それでは、また。

伊勢 隆一郎

| | コメント (1)

実践報告2 最強のセールスレターチェック方法?

こんにちは、伊勢です。
前回の「欲望には順番がある」ということは役立ててくれていますか?

さて、今日はセールスレターで悩んでいる人のためのマーケティングレポートです。

oldpineさんの協力を得て、公開させていただきます。

oldpineさんは、http://www.rise-inc.jp/sample.htm というサイトを作って報告をしてくださいました。

と、同時にセールスレターについて、悩んでいるということだったので、少しアドバイスさせてもらいました。

セールスレターで悩まれている方には、参考になるかもしれませんので、読んでみてください。

まずは、このサイトをじっくり見てみてください。
http://www.rise-inc.jp/sample.htm 

これからのアドバイスをひとつでも自分に置き換えて
役立ててみてください。

-----------------------
■oldpineさんの良いところ
------------------------

とにかく、行動が早いです。
次から次へと「分からないと言う前に行動する」ところに感服します。

メールのやり取りをしてから、10日くらいしか立っていませんが、
すぐに、ページを変更して、もう、広告の手配をしています。

oldpineさんのような方は、粘り強いので最終的に必ず結果を出すと思います。

売るために一番大切なことである、「売れるまで続ける決意」を感じました。

-----------------------------
■今日の改善点
------------------------------

http://www.rise-inc.jp/sample.htm
改善点としては、セールスレターの内容を、もっと
絞った方が良いと思いました。

-----------------------------
解決する悩みの内容は具体的に
-----------------------------

セールスレターでは、「悩み全般」について書かれていますが、
この場合、○○の悩みというところまで、具体的にしないと
買うほどの、欲求は起こりません。

核の部分をストレートに突かないと、欲求は爆発しません。

モテるようになる、とだけいわれるより、

○○で、とか、○○するだけで、とか、
こんな○○でも、とか、具体的な内容がある方が響きますよね。

不明瞭ではなく、はっきりとイメージするのが大切ですね。

具体的にいうと、誰に売るかをハッキリさせるということです。

では、ここでは、oldpineさんの場合は、
対人恐怖症の人としましょう。

----------------------------------------
最強のセールスレターチェック方法とは?・・・
----------------------------------------

oldpineさんのページです。
http://www.rise-inc.jp/sample.htm ここでは、対人恐怖症の人がお客さんと仮定しました。

もし、あなたが作ったページがあったら、そのページを開いて、どんな方法を知りたい、どんな悩みを解決したいお客さんか具体的に決めてください。

次に、具体的にイメージするために年齢を決めます。
どんな年齢の人にしますか?

oldpineさんの場合は、仮に28歳の女性にしましょう。
OLです。一人暮らしです。

では、今から「28歳のOL」になりきってください。
真剣になりきってみてくださいね。

深呼吸をして、眼をつぶってどんな容姿で、どんな部屋に住んでいるかを想像してください。

あなたは、28歳の女性、OL一人暮らしで、対人恐怖症です。初対面の人と会うと極度に緊張して汗が出てきます。

ついつい、目を背けてしまいます。

会社の同僚も本当は自分のことが嫌いなんだと思っています。

とても孤独です。

今日はあるトラブルで、いつも以上に自分が嫌になってます。

ちゃんと、嫌な気持ちになってください。
真剣にお願いします。

彼女は、今日も疲れて、ちょっと寂しくなって部屋に帰ってきました。

ご飯を作ります。でも頭の片隅には対人恐怖症のことがあります。

ご飯も食べて、お風呂にもはいって、一段落です。

とりあえず、パソコンを立ち上げました。
メールをチェックし終わって、やることがなくなりました。

そこで、悩んでいる、対人恐怖症のことについて
調べてみることにしました。

Yahooを開いて、検索に対人恐怖症と打ち込みます。
あなたも検索してみてください。

色々なページが出てきます。

そこにoldpineさんのページが載っていました。
「○○で○○になる。おもしろそうじゃん」

そう思って彼女はoldpineさんのページを開きました。

開いてみてください。
http://www.rise-inc.jp/sample.htm 

上からページを見ていってください。

キャッチコピーどうですか?

「生きていて楽しくない。つまらない。・・・
なにをしても充実しない、無感動人間。そんなアナタ、今からでも遅くはありません。こんなオモシロ人生いかがですか?(あなたにおすそ分けします!)」

これを見てどう思いますか?

「確かに私は、つまらない人間かもしれない、彼氏もできないし・・・でも、なんでいきなりそんなこと言われなくちゃいけないの?」

彼女はそう思ったかもしれません。

ちょっと怒りながら、下の文章を読みます。
(怒らせること自体は悪いことではありません。)

「なになに、やる気がない、デートしてもつまらない、う~ん、私は違うわ」

「現代社会には対人恐怖症が増えているって言われても・・・だからなにって感じよね」

「もう怪しいから読むの辞めよう、パチ」

そこまで、読んで閉じてしまったかもしれません。

このようにして、最後までチェックをしていきます。

これが最強のセールスレターチェック方法です。

人に見てもらうより、自分で何かになりきって
独り言をいいながら見る方が、有意義です。

あとは、テストの結果だけを信じるのが一番です。

人の意見はあまりきいても仕方がありません。

----------------------------------------
1.○○な人、2.○○な人、という書き方はNG
----------------------------------------

こうしてやってみると、色々なことが分かると思います。

■対人恐怖症というキーワードで、調べるシチュエーションって
 どんなときか? どんな気持ちで調べるか?そもそも無理がないか?

■結局、どのコンセプトで売っていくのが良いのか?

このページだと、瞑想という商品を売っていて、コンセプトを
売っていないって言うことですね。

コンセプトが曖昧なので、セールスレターを読みと分かりますが、
セレブのノイローゼから、記憶力倍増まではいってしまいます。

セレブのノイローゼではなくて、ノイローゼや鬱ならもっと、深い部分にフォーカスして、実際に悩んでいる人が、ぐいぐい引き込まれるくらいリアルに描く方がいいと思います。

セレブを入れる必要はないってことですね。

そこで、表面的に共感をとっても、ターゲットが小さくなってしまいますし、自分に1つ当てはまっても、2つ外れたらその文章はもう読みたくなくなります。

どれか当てはまるだろう的な、ことではだめなんですね。
ずっと当てはまらないとだめです。

それには、深く行く方がいいと思います。

コンセプトの決め方ですが、一番簡単なのは、ご自分の体験をストーリーとして
書けるコンセプトだと思います。

○○だったのが、○○で○○になった・・・などです。

----------------------------
断りようのないオファーを考える
----------------------------

コンセプトともう一つ考えた方がいいことがあります。

断りようのないオファーを考えてみてください。

勉強する時間も、努力する必要も、一円のお金も必要なく
1日13分の○○で、誰でも○○になる方法

とか、これ言われたら、やばいというくらいの
オファーを本気で考えてみてください。

自分ストーリーとリンクできそうだったらそれが一番早いですね。

コンセプトと、断りようがないくらい強烈な
オファーを考えられれば、自然と書きたいことが
どんどんでてくるはずです。

----------------------------

長くなってしまいましたが、最後に、お伝えしたいのは、
いうは「言うは易く行うは難し」ということです。

私も言っているだけですから、凄く簡単です。
他人のことは何とでも言えるので、偉くも何ともないのです。

行うほうが、1000倍大変です。

しかし、oldpineさんは、すぐに行動しました。
そして、これが今のページです。

http://www.1oldpine.com/
(毎日変えられているので、感想は言えないのですが、どんどん良くなっています)

すでに広告も用意していということなので、
その結果から、さらに具体的に考えるようになって、
どんどん良くなっていくと思います。

oldpineさん、ありがとうございました。

次回の実践レポートは、NY日記で有名なあの方のページを
紹介する予定です。

その前に、他のメールも送るかもしれません。

最後まで読んでくれてありがとう。

伊勢 隆一郎

| | コメント (0)

実践報告1 ケーキ屋さんの場合

みなさんホームページは作っていますか?
今日は、早速実践報告してくれた方を紹介します。

おいしい、おいしい焼きチーズタルトを販売している藤森さんです。
藤森さんは、最初にこのページを2時間くらいでつくりました。

http://www.1cake.net/index05.html  
-----------------------
■藤森さんの良いところ
------------------------

藤森さんの凄いところは、ページを作ってすぐに広告に出して、しかも反応を見ながらどんどんページを変えていったことです。

この行動力はみならいたいですね。

ページの内容として良いところは、

○真剣さが伝わるところ
○コンセプトをきちんと伝えているところ
○売っている理由を伝えているところ
○ストーリーがあるところ


特に、通販を始めたストーリーなどは、多くの人にとって
参考になると思います。

--------------------------------
■今日の覚えておきたい改善点
----------------------------------

改善点としては、食べ物なので、「おいしそう」ということを
もっと上にもってくるといいと思います。

もう少し具体的に解説します。

-----------------------
○欲求には順番がある
-----------------------------

食べ物を探している人に、どんなに健康にいいものですよ!
といっても反応しないと思います。
同じようにこだわりだけを最初に語っても反応しないのです。

まずは、感覚的に「おいしそう」と思ってもらって、その後に、
買うに値する理由を説得していくという順番だと思います。

さらにいうと、「テレビや芸能人に大人気!」とか
「楽天ランキングNo.1」などの流行情報が一番強いと
経験上思います。

1.大人気
2.おいしそうな写真
3.分かりやすいおいしさと、新しさ


ここが前半部分で大切なところだと思います。
その後で、

買うに値する
4.こだわり
5.エピソード
6.お得感


などで説得をしていく、という形になると思います。

-----------------------
■その他の改善ポイント
-----------------------------

その他に、改善ポイントです。

○ページの上の方を重点的に直す(とにかく上から直すと反応が変わる)

○画像があれているので、システムではなくチビスナを使って画像を小さくする

○食べ物は写真が一番。本当に大事。どアップの写真を上にもってくる

 (楽天のオーガニックサイバーストアなどを参考にする)

食べ物の場合は、上の方では写真とコピーで「感覚的に欲しくさせて」
  下の方では、「理論的に欲しい裏付けをあたえる」

○上のキャッチコピーをもっと分かりやすく感覚的にわかるものにする

○ しっとり、濃厚 とろ~り口溶け、すっきり、ジューシー
  フォークをいれるとジュッと音がする など

---------------------------

以上のポイントを直したところ・・・

http://www.1cake.net/

その結果、最初から2~3倍は反応が良くなっているようです。
どんどん変えられるのがTwo Hours Homepageの良いところですね。

みなさんも参考にしてみてください。

とにかく、やるからには本気で、どんどん深く考えて
直して直して直しまくってください。

そのうち、解決策が見えてくるはずです。

それでは、また。

追伸:

■お知らせ
全ての人のホームページ診断はできませんが、もし、公開診断に立候補したい人は、easy@enjoyhp.net までメールください。診断をみんなでシェアすることが役立ちそうな場合は、しばらくの間、無料でやらせていただきます。
※全ての人にはお返事できませんが、お許しくださいね。

| | コメント (0)